オッカバケ

ホタテの仕事をしていた時の近所の地名で、ちょっと話題が引っ張っていた、アレ。
そう、『オッカバケ』。

「変な名前の港がある」と書いたところに、カウベルさんとうしおばさんから情報が入り、
「オッカバケという山がその奥にある」
「川の名前が地名になったのではないか」
などという話が出てきた。
よし、帰ったら調べてみよう♪とわくわくしながら、隣町が編集・発行した
『知床半島の名前と伝説』 『松浦武四郎 知床紀行集』
の二冊を、すさまじく遅いスピードで(爆)読んだ。

が。
“知床半島”と言いつつ、オッカバケとは反対側、編集した町の領域内の地名しか載っていなかった(-_-;)
『名前と伝説』、本そのものは、以前も書いたが、地名ミニ辞典みたいで面白かったし、とても詳しかった。うぅ、その勢いでついでに反対側まで載せてくれればいいのに、いけずぅ。
『松浦武四郎』も面白かったが、もともとの紀行集自体は根室から斜里までの紀行文なのだが、その中の抜粋で、これまたちょっと残念(-ε-)

そういうこともあって、先日図書館で本を借りてみたのだった。
笑える顔の子供向け伝記の他に、『知床日誌』の現代語訳も発見したのだ♪
読み始めたら…なんか変な感じ。なんか読みにくいな~??
恐ろしい事に、現代語訳が読みにくく感じる(^^;)
f0032403_22263371.jpg
というのも、買って読んでいた『知床紀行集』は、現代語の注釈をつけた原文だったのだー。
読みはじめには「ぐあぁ!読めない!これ何て漢字だ?これ何て読むんだ?」と、みっちゃんまで巻き込んで(みっちゃんの家で読んだ)辞書片手にぎゃあぎゃあ騒いでいたのだが、読み方に慣れてくる(上手に読み飛ばす(笑))と、意外と読めた。

…ら、なんだか現代語がさっくり読めなくなっていたぞ。
だからといって原文に挑戦したくはないけど(笑)

それはともかく、今度は『知床日誌』全てを読むことが出来た。
今から160年くらい昔の、いわゆる旅行記&地形、地名記録だ。

あったあった。『ヲチカバケ
『両岸ともに高く険しい岩崖の間を川が流れ、その河口にタニシに似た形の黒い岩があるので、この名がある。』

ほほう!?
ん?まてよ。
(続き)『訳者注:(現)天狗岩。ただしタニシとは関係なく、元の名はオ・チカプ・パケ「鳥のいる岩」の意味』

…なんじゃそら(^^;)
これは、カウベルさんが教えてくれたサイトにあった解説と同じだ。
タニシは謎だが、とりあえずそういうことらしい…。
f0032403_22461871.jpg

それにしても、日誌を読んでいると、過去の日記ではあるのだが、なんとも切ないものが。
『このあたりはやもめ女が多く、若い娘が夫もなく子を持っている。これは何故か。
…このあたりのアイノは多く国後へ遣られ、数ヵ年も帰らず、ひどく呵責され、病に冒されて死んでしまう。若い女は網走の番人に犯され孕まされる。…』

『干潟で、腰が海老のように曲がった老人や、ぼろぼろの服を着た病人が杖にすがり、子供たちと小魚を取りに来ていた。
私たちが通りかかると寄って来たので「どうしたのか」と尋ねると、
「ここでは若い女は国後に連れて行かれて身をもてあそばれ、男は昼夜の別なく責め使われ、5年も10年も故郷に返してもらえません。ですから、かつては二千を数えていた人数も、今はその半ば足らずに減り、このままではあと20年もすれば種が絶えるのではと案じられます。」
と、涙ながらに話してくれた。』

などなどの記述があちこちにあり、集落に着くごとに記録している戸数や家族構成も、働きに取られて空き家になっている家や老人しかいない家が多い。
幕府領から松前藩の領地になってからが特に酷かったらしく、藩と領地の間に入って稼いでいた場所請負人が、極低賃金で酷使し、儲けていたらしい。

今だって同じ事をいろんな所でやっている訳なんだけどね…。
日本ではない場所に変わったんだとしても、「お得意さんの商売先」という形で日本も関わっているし…。私もきっとその恩恵を受けちゃってるし(-_-;)
人間てあまり変わらないかも。
過去と現在でも、日本と外国でも。

おっとっと、話はそれたが、つまり『オッカバケ』は川の名前、というか河口の岩の名前から来ていたのだな。
しかも写真を見たら、到着したその日に、私その川まで行ってら(^^;)
すごく小さい川だったー。

f0032403_23181734.jpg
ちなみに武四郎、じいさんの頃の顔はこんならしい。

あの白いお肌のお坊っちゃんが…(誤)
by ushimaton | 2006-11-29 23:29 | つらつら


気が小さいのに、珍しいものは好き。 道草を喰って、たまに反芻したり。 牛歩ではありますが。


by ushimaton

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

☆★うしまとん★☆

 生まれと育ちは北海道

 震災被災地にお手伝い
 行っております

 コメントの返事が
 とどこおりがちですが、
 嬉しくありがたく
 読ませていただいています

 自分のブログの更新する余力がなかなかなくなってしまいましたが、日々の報告メールをこちらに出しております。
災害移動支援ボランティアRera


 
☆★リンク★☆

うしのつむじ
 牛の版画
ひまわりの家から
 手作り&子育て(休止中)
シーラチャーからこんにちは
 タイ子育て日記(移動前)
モロッコ雑貨 リヤド
 モロッコ雑貨とフェアトレード
うさぎのなみだ
 珠玉のひとこと日記
寺田本家
 千葉のおいしい造り酒屋
++明け烏++
 創作小説&日記
彷徨う語り鬼たちの杜
 創作小説
カナダ大平原のファームからの便り
 カナダの牧場
Cowbell's diary
 北海道の放牧酪農
照長土井の長岡日記
 但馬牛
北海道発 真っ赤なトマト
 激うまフルーツトマト
酪農生活100
 新サイトもあります
花のまわりをあるく歌
 手作り&子育て
打弦人生
 ハンマーダルシマー
フィールド オブ ドリームス
 関東の放牧酪農
Nayaカレンダー
 珈琲・カレー・天然酵母パン
うしカメラ
 牛写真家の牧場訪問記


◆笑いでウルオイを◆

ほぼ日刊イトイ新聞「言いまつがい」
虚構新聞

お気に入りブログ

代官山駅前日記
空を見上げて
バイオマスおやじの日々
ちょっとだけ大根
AZUのサンへーブログ。...
そらまめ~北海道便り~
世界は知らない事ばかり
なかじまや

以前の記事

2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
more...

検索

ライフログ


ナヌークの贈りもの


ともだちは海のにおい


いのちの食べかた


神さまってなに? (14歳の世渡り術)


ムーミン谷の冬 (講談社文庫 や 16-5)


どうぶつさいばん ライオンのしごと


ことりをすきになった山


ぐるんぱのようちえん(こどものとも絵本)


HARD TO FIND Vol.2


あなたが世界を変える日―12歳の少女が環境サミットで語った伝説のスピーチ

カテゴリ

つらつら
気になること
おすすめ!
ともだち&チビッコ
自分のこと
うち
ウシ話
旅のそら
まきばにっき
ほたてにっき
はたけにっき
みなみにっき
東日本大震災

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧