アーロールの思い出

おいしいモンゴル②


f0032403_0404411.jpg
遊牧をしている人たちは大抵、牛を飼っている。
朝と晩の2回バケツに乳を搾り、色々なものに加工していた。
これは遊牧ゲル横に建てた三角テント(?)で、一緒にアーロールというチーズの一種を作った時。
このテントは、羊や山羊を解体(加工)するときなどにも使っていた。

牛乳は、前に書いたウルムというクリームのほか、タラクというヨーグルトやアルヒというお酒、そして色々な種類のチーズなどに加工される。スーテーツァイという塩味ミルクティーとしても飲む。
チーズは特に保存のための加工という意味もあり、ガッチンガッチンに乾燥させて固ーい状態にしたものを、糸を通してゲルの天井にジャラジャラと吊るしてあったりする。食べるとこれが酸っぱーい。そして妙に癖になる。
アーロールはそういう歯が折れるようなチーズとは違い、微妙な味わいのモロモロした見掛けをしているのが多分一般的だ。
だが、ここで作ったのはお砂糖を入れていたのか甘酸っぱくお菓子のようにおいしい。それをプラスチックの型に詰めて板の上にならべ(上の写真の状態)、何日か乾燥させた。作りながらもパクパク。
おいしくてお気に入りだった。
そうしたら、このゲル(トヤのおばさんのおうち)を去る時、お土産にと沢山のこのアーロールを糸でつないで持たせてくれた。
とっても嬉しくて、「これは是非とも日本のみんなにも味わってもらわねば!」と、袋に詰めて実家と友達の家に送った。残りは、その後のウランバートルからモスクワまでの長い鉄道のお供に持っていくことにした。

シベリアを5日間だったかな?かけて進む列車の旅は楽しかった。
列車に乗っていたのは、中国製品を東欧に売りに行く人や、逆にロシアに車を買いにきた人など様々。
出発前にトヤはモンゴル風ピロシキのような食べ物、ホーショールをむちゃくちゃ沢山作ってくれていた。保存食なので2週間くらい食べられるから、と。それをむしゃむしゃやりながら、ロシア人の太った車掌さんにはアイスをもらったり(一人で何個もアイスを食べようとしているところに通りかかったらくれた)、チビッ子と折り紙をしながら楽しく進んだ。
例のアーロールはたくさん残っていたが、大切にちびちび食べながら取っておいた。

そして到着したモスクワで、話すと非常ーーーーに長くなる様々な出来事に翻弄され(笑)、私は切符も失いビザも切れた状態で市内にポロッと放り出されることになってしまった。泥棒?いやいやれっきとした出入国審査官や国境警備兵や国際列車のおじさんなどと…(略)
それで、かなりテンパっていた私は、大量の荷物を抱えて地下鉄を乗り継ぎ、空港へ急いでいた。
非常時には核シェルターになるとかいう噂のモスクワの深い地下鉄駅の、信じられないくらい早く動くエスカレーターのすその部分には小さな「見張り小屋」があり、おじさんやおばさんが中にいる。
何を見張るんだろう?と思ったら、一度その高速エレベーターでバランスを崩したおじいさんがゴロンゴロンと(しかも上りだからいつまでも)転がり落ちる地獄絵を目撃した際、非常停止をしたのを見たので、きっといる意味もあるのだろう。
脱線しまくりの割に書きたいことは大した事じゃないのだが、とにかくその時、テンパった状態でその小屋のおばさんに道を尋ねた私は、手に持っていたアーロールや他の食料の入った袋を足元に置いたまま、忘れていってしまったのだ。
気がついたのはかなり後。へこんだ。幸せなモンゴルの凝縮を自分のドジでなくした…。

今でもたまに、ちょっとしたきっかけでその袋のことを思い出しては、「捨てられちゃったべなぁ。残念だなぁ。小屋のおばさんはびっくりしたかなぁ…。」などと思いをはせる(笑)
f0032403_135015.jpg

実家に送ったアーロールは、「…あれって、何だったの?」とものすごく戸惑って尋ねられた。
かなり不評。
友達に送ったものは、ポスト中をモンゴルのケモノ臭さで充満させて到着し、一応何とか口に入れてもらえたようだ。
だが、きっとあれがおいしかったのは、私がその場所にいたからなんだろうな、と思う。
もし今ここでどっぷり日本の生活をしているところに、例のモンゴルの酸っぱいチーズなどが突然登場したら、きっと食べるのに抵抗感が出たり、匂いにびびったりするんだろうな。
不思議なもので。

でも、また食べたい。
by ushimaton | 2006-04-28 01:48 | ウシ話


気が小さいのに、珍しいものは好き。 道草を喰って、たまに反芻したり。 牛歩ではありますが。


by ushimaton

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

☆★うしまとん★☆

 生まれと育ちは北海道

 震災被災地にお手伝い
 行っております

 コメントの返事が
 とどこおりがちですが、
 嬉しくありがたく
 読ませていただいています

 自分のブログの更新する余力がなかなかなくなってしまいましたが、日々の報告メールをこちらに出しております。
災害移動支援ボランティアRera


 
☆★リンク★☆

うしのつむじ
 牛の版画
ひまわりの家から
 手作り&子育て(休止中)
シーラチャーからこんにちは
 タイ子育て日記(移動前)
モロッコ雑貨 リヤド
 モロッコ雑貨とフェアトレード
うさぎのなみだ
 珠玉のひとこと日記
寺田本家
 千葉のおいしい造り酒屋
++明け烏++
 創作小説&日記
彷徨う語り鬼たちの杜
 創作小説
カナダ大平原のファームからの便り
 カナダの牧場
Cowbell's diary
 北海道の放牧酪農
照長土井の長岡日記
 但馬牛
北海道発 真っ赤なトマト
 激うまフルーツトマト
酪農生活100
 新サイトもあります
花のまわりをあるく歌
 手作り&子育て
打弦人生
 ハンマーダルシマー
フィールド オブ ドリームス
 関東の放牧酪農
Nayaカレンダー
 珈琲・カレー・天然酵母パン
うしカメラ
 牛写真家の牧場訪問記


◆笑いでウルオイを◆

ほぼ日刊イトイ新聞「言いまつがい」
虚構新聞

お気に入りブログ

代官山駅前日記
空を見上げて
バイオマスおやじの日々
ちょっとだけ大根
AZUのサンへーブログ。...
そらまめ~北海道便り~
世界は知らない事ばかり
なかじまや

以前の記事

2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
more...

検索

ライフログ


ナヌークの贈りもの


ともだちは海のにおい


いのちの食べかた


神さまってなに? (14歳の世渡り術)


ムーミン谷の冬 (講談社文庫 や 16-5)


どうぶつさいばん ライオンのしごと


ことりをすきになった山


ぐるんぱのようちえん(こどものとも絵本)


HARD TO FIND Vol.2


あなたが世界を変える日―12歳の少女が環境サミットで語った伝説のスピーチ

カテゴリ

つらつら
気になること
おすすめ!
ともだち&チビッコ
自分のこと
うち
ウシ話
旅のそら
まきばにっき
ほたてにっき
はたけにっき
みなみにっき
東日本大震災

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧