タグ:猫 ( 12 ) タグの人気記事

水族館と猫

なんだかパタパタと日々が過ぎてしまっておりました。
いろいろと書くこともあるのだけど…。

ええとまず。札幌を出発する日は決まった。
今週木曜。25日に、フェリーに乗って内地を目指すうしまとんになりまする。
とはいっても仕事はいつからかまだ決まっていないのだが(笑)

今月末に、メキシコ女子同窓会を催すのであります(≧∀≦)☆きゃーきゃー

メキシコはオアハカという町にて、まったく偶然知り合って意気投合した乙女3人組がおりまして。
一人は、何年もオアハカに住んでいて銀細工の勉強や色々な事をしていた、さえちゃん。
彼女はその後、日本の企業に転職してチリに行き、現在はサンチアゴ在住なのだ。
もう一人は、長い一人旅の終盤にオアハカに立ち寄って、ちょっと長逗留していた、のりぴょん。
(滞在中にわざと“〇〇ぴょん”と痛々しい呼び方をして面白がっているうちに、とれなくなった…。)
実はスゴい才媛で、いとも簡単に英語やスペイン語をマスターしていた。
ハンググライダーとロッククライミングと冬山登山を愛する彼女は、その愛のあまり、ついに長野に移住してしまった。
今はコンピューターやら翻訳やらの仕事をしながら、夏休みにキリマンジャロに登ったりしている(^^;)
そして、2週間でメキシコを通り過ぎるつもりだったのに、まんまとオアハカの町だけで2ヶ月以上も滞在してしまった(メキシコ全体で半年以上…)、わし(^^;)

オアハカは楽しかった。
芸術とコロニアルと先住民。太陽と原色とスコール。優しさと憎しみと能天気。
観光だけではわからない、メキシコのダークな部分も知ることができたし(笑)

2年に一度くらいしか日本に帰ってこないさえちゃんが、急な用事で珍しく帰国することになったのだ。
それで、タイミングもどうにかできるし、せっかくだから!ということで、会うことにしたの。
前回もね、たまたま会えたんだよね。
私がちょうど沖縄本島で車の免許を取りに来ていた時だったので。
前回の同窓会の記事は、このへん
今回の会場は、長野ののりぴん家であります。のりぴんが一番忙しいから。
3人とも楽しみすぎて鼻血が出そうでございます(≧∀≦)(≧∀≦)(≧∀≦)

ということで、何度も何度も関東と北海道を往復するのもキツイというのもあり。
長野同窓会の後は、赴任日まではいつもお世話になっている従妹のおうちにご厄介になるのであります。


年末に実家に帰ってから、というか正月が終わってから今まで、すっかり冬眠状態で一人で家にいることが多かった私だが、今更ちょっと慌てて人に会ったりしている(^^;)

昔からとても仲の良かった従姉妹たちと、ものすごく久々に飲み会をした。
正月には顔を合わせるが、歳のごく近いこの3人だけでじっくり飲むというのはまた、別格で良いものであった。
驚いたのが、ひとつ年上の従姉が、
「この前、スタッフを頼まれてたまたま行った講演会での話がすごく良かった。裁判についての話だったんだけど。
たしか堀達也…じゃなくて、モリタツヤっていう人だった。」
と言ったのでありますよ。
森達也!!キターーーー!!
ついついここの記事にもやたらと名前を出してしまう、私の終わらないマイブーム(笑)森達也。
なんだか、ものすごく嬉しかった。
死刑制度についての話。そうだよね、よく発言しているもんね。
従姉は、裁判所関係の仕事をしている。
本当の裁判制度というものを知り尽くしている彼女が、私のように甘ちゃんで薄っぺらで弱虫な人間が悶々と考えてしまう事と同じ方向性の意見を持っていること。
そして、そんな私に少なからぬ影響を与えてくれた森達也の事を、
「あの人はすごい。考えがよく練られていて、叩かれ慣れてそれでも主張できる強さがある。」
と絶賛していたこと。
それがものすごく力強く私に響いた。

死刑容認が86%という高い数字だったということについて。裁判員制度というものについて。
何かがおかしいような気がしながら、叩かれるのがコワくて口ごもるばかりの私。
私みたいなのが一番よろしくない。
たとえば、世の中の人々が口をそろえて戦争を望み始めたとして、私はそれに反対と声を上げられるだろうか?
なんてね、たまに考えたりするのでありますよ。(^^;)

他にもいろんなお喋りに花が咲いた。
何年もまともに話をしたことのない従姉妹たちだったが、いやあ楽しかった~。


それから、ようやく実現した、ゆきちゃんとのデート♪♪(´∀`)♪♪

f0032403_0401660.jpg今回は1歳児愛良ちゃんは預けてきて、5歳のイブくんと3人で水族館&青少年科学館に行って来た!!

イブ君、初体験のてんこ盛り!
楽しかったね~~(≧∀≦)

魚に皮膚の角質を食べてもらう体験!(笑)とか、ヒトデのおさわりコーナーとか、いろいろ体験できて面白い。
ペンギンがトコトコ散歩していたり。
超めんこいカワウソさん達にもおさわりできたり。

科学館は、小さい子から大人までが楽しめる内容で、しかもそのほとんどが体を使って遊べる展示物なのだ。
私も何度行ったかわからないなぁ。
自分が小学生の頃から変わらない展示物も沢山。それってなにげにすごいよね。
何十年もの間、ハチャメチャで乱暴な子供達のすさまじいエネルギーを真正面から受け止めてきた、科学館の展示物たち、本当に素晴らしいと思う。
上品に遊ばなくてもいいの。勉強しようとしなくてもいいの。
ただ、よくわからないけど不思議で面白くてかっこいい!で、思いきり遊んでいいの。
いい施設だと思います、札幌市青少年科学館。

イブと一緒に遊びながらも、ゆきちゃんとおしゃべりも沢山できて、楽しかった!
ただねーゆきちゃんとは、いくら話しても半日くらいだと「まだまだー!」って思ってしまうんだよね(笑)
またいろんな話をしまくりたいねー!
お互い引っ越してしまうのでちょっと遠くなるけど、きっとまた会えるでしょう。


あと、姪っ子が来て一緒に雪遊びをしたり、お嫁さんと妹と私、という女子会も久々に開催して、居酒屋で大いに盛り上がったり、いろいろやりました。


犬のジョン君は、薬のおかげでそこそこどうにか普通っぽく生活しております。
弱々しく綱渡りではあるけど、今のところ病気のストレスはあまり感じずに。
腎臓は、良くなる事はない。
だから、このままずっと、というわけにはいかない。
ゆるやかに滑り降りてゆくのであります。

f0032403_123663.jpgそんなときに今度は猫のみいちゃんが全くご飯を食べなくなった。
水もあまり飲まない。
どこか痛がったりはしないが、ひたすら静かに眠り続ける。
もともと毛皮の下は骨皮猫なのに、もうカッサカサですわ(T_T)

というわけで病院に連れて行ったところ、彼女はすでに手遅れの乳がんであると(T◇T)
しかも肝臓が肥大してタイヘンなことになっていると(T◇T)(T◇T)
腎臓も悪いと…(T◇T)(T◇T)(T◇T)
ただ、どこも痛がっていないのが今のところ幸いではある。

15年になる、こやつらとの日々だったけど。
これから遠くで働くことになる私は…………。

いつかは必ずこうなることなんだよね。
さびしいなあ。
by ushimaton | 2010-02-22 01:25 | つらつら

それぞれの冬

庭の木にはスズメだんご。
f0032403_21325985.jpg

「さむいですなあ」
「まったくですなあ」




f0032403_21351729.jpg


ストーブ前は場所取り合戦。
by ushimaton | 2009-12-29 21:37 | つらつら

ぼくの好きなばしょ

最高気温が30度前後と、北海道的夏どまんなか。
北海道の一般家庭には、あまりクーラーというものが存在しない。(近頃の新築マンションとかにはついているらしいけど)
家の中に入ったらとりあえず暑さをしのぐ事ができる本州などと比べて、家の中でも逃げ場がないため、かえって暑いとも言われている。
暖房が少ないため「本州の方が冬が寒い」と言われたりするのと同じ“逆転現象”だ。

加えて、ここ1週間ほどはずっとじめじめして湿度も高く、なんか梅雨にでもなったみたい(-_-;)
それなのに………


f0032403_1442543.jpg
そういうところで寝るのがいいのかね、ジョンよ。


「いいの。落ち着くんだから、ほっといて。」


f0032403_14454372.jpg
テーブルの下でも。


「狭い方がいいんだってば。暑くないのかって?…暑いけど。」


f0032403_14501144.jpg
「まったく、信じられないわ。こんなにクソ暑いのに…ふーふー。」


うーん…君はちょっと脂肪を着すぎだ、ボン。


f0032403_145322.jpg
「あ、あたしちょっと気持ちわかるかも。いいよね、狭いとこって。」




そういうもんかねえ??

by ushimaton | 2007-08-10 15:01 | うち

ねこに桜


f0032403_015390.jpg八重桜が満開。

フラメンコのドレスか!?というようなフリフリな見掛けをして、これでも桜なんだよなぁ。

いったい花びらは何枚あるんだろう?一つ取って数えてみようか…などと思っているうちに、あっという間にピークを越して、本日はもうひらひら花吹雪である。

秋に落ち葉が近所中を駆け巡っていると、なんか申し訳ない気持ちがするが、桜の花びらはまぁ多めに見ていただく、ということで…(^^;)ゞ

この桜の花見は、すこぶる簡単だ。

窓の近くのソファに座ればいいのさ。
ビールでも片手にごろんと寝転がれば完璧!?(笑)

f0032403_063610.jpg


今年はちょうど満開になった日に、冷たい風雨が吹き荒れた。
お陰で一番ピチピチの花盛りな時にすでに嵐にもまれて、ちょっと世間ずれしたくすみが混じり、なんか「若くして苦労してきた、深みのあるフラメンコ娘」になってしまった…。


f0032403_0105858.jpg

ねこも花見。

「あ~、風流だにゃあ。春はアケボノ。目に桜。」


……と桜に風情を感じているように見える宇宙猫。
実際は…。


f0032403_0134521.jpg

「今だ。え~い!
………あら?なんで触れないのかしら??」

窓越しに、散り始めた桜を捕まえようとしているのであった。


しばらく努力を続けた後で、自分の背中の毛をペロペロなめてごまかして、去っていった。



f0032403_0194015.jpg

そんなだから宇宙猫なんだよ。

聞いてる?
テレビなんか観てないで。

by ushimaton | 2007-05-23 00:26 | うち

邪魔者あらわる

んな、何こいつら。すっごい邪魔……。

誰に断ってこんなところに来てるのよ、まったく…。

f0032403_22405248.jpg





でも、こんなヤツらに負けて場所を譲ったら、猫がすたるってもんだわ。

まるで何もいないかのように振舞うこと。

f0032403_2242383.jpg




  ぐーぐー。





ちなみに、動物園から帰ってきた私が脱いだジャージに対する、犬の反応。

f0032403_22434432.jpg
なんだこれ!!
大変だ!


知らない生き物のにおいだぞ!!
許せない…

す~りすり。ご~ろごろ。
by ushimaton | 2007-03-03 22:51 | うち

地デジだかなんだか知らないけど…


薄型テレビには断固反対の姿勢であります。


f0032403_22484142.jpg

猫の『テレビの上で寝る権利』を断固として主張し続けたい所存でありますニャン。




f0032403_22503953.jpg


犬の『あご乗せ紛争』も激化の一途を辿り、憂慮すべき事態であります。

ジャパン・ケンネル大学 ジョン教授のコメント:
   『あご乗せは、全ての犬類の望みなのであります。
   かくなる上は、円形になって一番下になってる犬が一番上になっている犬に
   あごを乗せれば良いのではないかと。』




※ところでこの下の記事は、下書きをしていた日にちの関係で、mixiから来る方には「幽霊記事」になってしまっている模様。(大した記事ではないけれど~)
by ushimaton | 2007-01-22 23:00 | うち

犬猫六態☆

うしおばさんの記事『ネコ 六態』の海賊版を作ってみました~☆
比較してお楽しみくだされ(笑)

ちなみに6枚中4枚は、天才カメラマン・私の母(笑)撮影でござんす(^^;)


f0032403_23132533.jpg


ツチノコ

f0032403_23143010.jpg


ふところで温めてるの

f0032403_23154180.jpg

上のヤツ、
なんか長すぎね?

f0032403_23173143.jpg

「あー、落ち着くワン。」
「バッカじゃないの?」

f0032403_23192340.jpg


「髪、乱れてるわよ。」

f0032403_23255026.jpg

「呼んだ?」
「呼んだ?」

by ushimaton | 2006-12-12 23:29 | つらつら

ボンとボス

最近、ボンの元気がない。

ボンはわが家の室内野犬トリオ(笑)の中のお局犬。
父がその昔、単身赴任中に寂しさのあまり勝手に飼い始めたミニダックスだ。
他の犬と同じだけの餌しかもらっていないのに、なぜかボンだけ常にコロンコロンのダイナマイトボディー(^^;)

信じがたい食欲が彼女の最大の武器で、食事中は何かが降ってこないかとテーブル下で待機。野菜くず(好物)などをもらう時の顔がコワイ。(鼻にしわが寄って、牙をむく。で、野菜に食いつく(笑))
聞き取り能力にもやけに長けていて、「掃除機でもかけようかなぁ…。」という言葉が終わった頃にはすでに避難している(掃除機嫌い)。
耳をヒラヒラさせながら短い足で走る姿は、妙にかわいい。

f0032403_20252082.jpg
が、近頃はじっと寝てばかりで、一日ほとんど動かない。動いてもゆっくりそっと歩くだけで、触ると怒る。食欲も…いや、餌はそれでも全部食べるんだな(笑)

そんなで、昨日、母と妹に連れられて、病院に行ってきた。
検査の結果はそれ程悪い事もなく、おそらく腰の痛みがひどくなってきたのだろうということだった。

今日になって、病院のお医者から電話が来たのでちょっと驚いた。
「今日の調子はどうですか?」
午後から臨時で休診になっているため、知らずに来ては悪いと思ったようで、様子を尋ねる電話をしてきてくれたのだった。

お医者が一人で、奥さんがアシスタントをしているだけの、小さな病院だ。
あまり愛想のない生真面目な感じの先生。
私はこの病院に恩がある。


何年も前、当時まだ学生だった弟に、同級生の女の子が電話をかけてきた。
「今、車に轢かれた猫を見つけちゃったんだけど、生きてるの。どうしよう。」
えー!どうしよう。
困った弟に相談され、電話帳でまだ開いている病院を探して、私も一緒に連れて行った。
助かるかどうかはわからない状態だった。
野良猫は、病院で助かっても、その後でどうするかに困る場合が多いそうだ。
初診の段階でその辺の確認もしっかりされた。
学生の弟の代わりに、私が飼い主という事にしてもらい、病院に入院させて治療をお願いした。
仮の名前をつけなくてはならないので、とりあえず貫禄があるから「ボス」。
へたっていても人間に媚びない、根性のある黒猫だった。

翌日、病院から
「昨日の同級生の女の子とお母さんが来て、安楽死をお願いされた」と連絡が来た。
娘が大変な迷惑をかけてすみません、後はこちらで責任持ちます…との気遣いかららしい。
ここまで関わっちゃったので、なんだかスッキリしない気がして、お母様に連絡し、
「娘さんが猫を放って置けなくて助けようとしたのは、悪い事じゃないと思う。せっかくなので、助かっても死んでも私の責任として、もうちょっとやってみようかと…。」
という話をした。
で、また病院に行き、治療を続けてもらった。

治療は長引いたが、ボスは元気になって一旦退院した。
だがまたすぐ調子が崩れて再入院。
結局、助からなかった。

遺体を引き取りに行った時、治療費を払おうとしたら、先生と奥さんがちょっと顔を見合わせた後で、
「いりません。」と仰った。
入院、投薬、治療、検査などなど、相当な金額だったはず。動物は保険がきかないから、ちょっとした診察でも軽く万単位のお金になるのだ。
それなのに、金額すらも教えてもらえなかった。
後日なんとかケーキを押し付けた程度で…(-_-;)

もともとが大変な患者(?)だった上に、それ以外の迷惑や手間も色々かけてしまったのに、逆にこっちがそんな風にしてもらってしまうなんて。
職業柄、動物の死にもすっかり慣れているはずなのに、先生ちょっと泣いてたし(^^;)
いや、自分も泣いたがよ。
プロになりきれないのって、かっこ悪いことなのかもしれないが、私は好きだった。
誠実なのはかっこいい。(しかし、誠実というより、お人よし…)

それ以来、うちの動物はこの病院に通う事にした(せめてもの貢献(笑))
といっても予防接種程度なのだが(^^;)

今日、超久々に病院から電話が来て、そんな事を思い出した。

ボスを診て貰っている時、扉の奥(自宅)から「うんこだよー!」と叫んでお母さんを探していた小さな子供も、今はずいぶん大きいんだろうなー。(声しか知らないが。)
by ushimaton | 2006-11-28 22:13 | うち

ねこの芸


はいはいお待たせ、動画コーナーですよ~♪
(誰にも1ミリも待たれてないが(笑))


以前、記事にしたこともある、我が家の宇宙猫みいちゃん
みいちゃんは、とろい。
本人(本猫)を見たことのある人は納得すると思うが、ちょっと猫としてありえないトロさなのだ。

1メートルくらいの高さの場所に飛び乗るのに、3秒くらい躊躇してもじもじする。
じゃれて遊ぶのも好きだが、猫じゃらしを振っているこちらがいい加減飽きて嫌になるくらい、いつまでも飛びついてこない。(ドキドキしながら見ているが、なかなか手が出せない)
おにぎりくらいの小さいときに拾われて、犬と一緒に育ったからか?(^^;)

昔々、まだ子供のしろさん(みっちゃんちの猫)を数日預かった時。
緊張して毛ダンゴみたいに膨らんだみいちゃんだったが、いくら見た目のカサを大きくしても、実戦は惨憺としていた。
みいちゃんが1パンチ繰り出すまでに、しろさんの3パンチはヒット!しかもみいちゃんのパンチは当たらない(笑)

そんなみいちゃんだが、こんな芸はできてしまうのだ。
そう、お手とおかわり。

…犬?やっぱり?



QuickTimeダウンロードはこちら~
by ushimaton | 2006-11-26 21:09 | うち

宇宙猫

はじめまして。
f0032403_21232695.jpg
長い冬が終わるとほっとするの。
空気が乾燥していると自慢の毛皮に静電気がたまっちゃって、臭いを嗅ぐ度に鼻先からパリパリ放電してひどいのよ。
でも、これからは電気玉なんて呼ばせないわ。

f0032403_21342451.jpgみんなは私のこと、とろいと思ってるのよ。他の猫と喧嘩する時、私が一度手を出す間に相手が2,3回パンチするからって。
思慮深いんだっていうのがわからないのかしら?

え、何してるのかって?
モデルよ。絵になるでしょ?
決して爪が引っかかって困ってるわけじゃないの。放っておいて。


しょうがないから、ちょっとだけ見せてあげる、私の特技。
ちょっとだけね。
f0032403_21411294.jpg




お手。

f0032403_21421673.jpg




おかわり。


本当は他にもたくさんのこと、できるんだけど、あいにく誰にも見せたことがないの。
猫には秘密が多いものでしょ。

あ、決してオヤツが欲しいからやってるって訳じゃないんだからね。もちろん、私の技に感動して下さるプレゼントはいただきますけど。
f0032403_2158164.jpg

by ushimaton | 2006-04-23 21:59 | うち


気が小さいのに、珍しいものは好き。 道草を喰って、たまに反芻したり。 牛歩ではありますが。


by ushimaton

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

☆★うしまとん★☆

 生まれと育ちは北海道

 震災被災地にお手伝い
 行っております

 コメントの返事が
 とどこおりがちですが、
 嬉しくありがたく
 読ませていただいています

 自分のブログの更新する余力がなかなかなくなってしまいましたが、日々の報告メールをこちらに出しております。
災害移動支援ボランティアRera


 
☆★リンク★☆

うしのつむじ
 牛の版画
ひまわりの家から
 手作り&子育て(休止中)
シーラチャーからこんにちは
 タイ子育て日記(移動前)
モロッコ雑貨 リヤド
 モロッコ雑貨とフェアトレード
うさぎのなみだ
 珠玉のひとこと日記
寺田本家
 千葉のおいしい造り酒屋
++明け烏++
 創作小説&日記
彷徨う語り鬼たちの杜
 創作小説
カナダ大平原のファームからの便り
 カナダの牧場
Cowbell's diary
 北海道の放牧酪農
照長土井の長岡日記
 但馬牛
北海道発 真っ赤なトマト
 激うまフルーツトマト
酪農生活100
 新サイトもあります
花のまわりをあるく歌
 手作り&子育て
打弦人生
 ハンマーダルシマー
フィールド オブ ドリームス
 関東の放牧酪農
Nayaカレンダー
 珈琲・カレー・天然酵母パン
うしカメラ
 牛写真家の牧場訪問記


◆笑いでウルオイを◆

ほぼ日刊イトイ新聞「言いまつがい」
虚構新聞

お気に入りブログ

代官山駅前日記
空を見上げて
バイオマスおやじの日々
ちょっとだけ大根
AZUのサンへーブログ。...
そらまめ~北海道便り~
世界は知らない事ばかり
なかじまや

以前の記事

2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
more...

検索

ライフログ


ナヌークの贈りもの


ともだちは海のにおい


いのちの食べかた


神さまってなに? (14歳の世渡り術)


ムーミン谷の冬 (講談社文庫 や 16-5)


どうぶつさいばん ライオンのしごと


ことりをすきになった山


ぐるんぱのようちえん(こどものとも絵本)


HARD TO FIND Vol.2


あなたが世界を変える日―12歳の少女が環境サミットで語った伝説のスピーチ

カテゴリ

つらつら
気になること
おすすめ!
ともだち&チビッコ
自分のこと
うち
ウシ話
旅のそら
まきばにっき
ほたてにっき
はたけにっき
みなみにっき
東日本大震災

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧