携帯から

f0032403_2323350.jpg
試しに投稿。

胃が痛いのも、少しずつマシになってきた。にしてもちょっとのお粥と果物とかの正月って悲しすぎた…いつもなら一年で一番飲むかもってくらいに飲んで大騒ぎするのに~!

スタッフのミホさんが、心配してメールくれた。みんな本当に優しい人ばかりなのであります。子牛のキドニーちゃんの写真も♪

今日生まれて初めて、バリウムを飲んだ。
マズくて参った。
検査結果は、「ただれてるけど潰瘍なし!」よかった。
その後下剤を飲んだため、ナカナカ経験できない世界を垣間見てしまった。

大好きなタイカレーをしばらくは見たくなくなったかも(泣)
# by ushimaton | 2006-01-04 23:23 | まきばにっき

はじめてみたら

嬉しいことに、牧場での仕事は連絡をしてからすぐに決まった。
12月半ば、勤務スタート。初めての住み込み勤務にドキドキだ。

牧場で働いているのは、オーナー夫婦の「おじさん」「おばさん」、息子さん、それと「スタッフ」こと正採用の従業員が二人。スタッフの二人は二十歳になりたて&半ばで、一年以上勤務しているベテランだ。家族・スタッフともに、とても優しくて好い人ばかり。
スタッフも私も個室をいただいていて、食事はおばさんが作ってくれる。

ファームインとチーズ作りは、娘さんがしているそうだ。娘さんは私と同じ大学出身、しかも一年違いなのだ。
この、チーズというのがすごい。2005年度のチーズコンテストでなんと、金賞をとってしまったという絶品!詳しくは、おいおい。
ファームイン(牧場体験のできる宿)も素敵で、部屋はちょっとしたペンションみたいだ。


f0032403_19381173.jpgさっそく仕事を始めて…すぐに思いっきりへこたれた。
体力が全然追いつかない。
朝5時半から、9時半~10時までが、朝食前の一仕事。この段階で、一日分の体力を使い果たしてしまった。仕事はその後、午後2時の昼食までの第二部、午後4時から8~9時までの第三部が待っているのだ。
みんな、45ℓのポリバケツにいっぱいの牛乳をヒョイと持ち上げて、一輪車に乗せたりしている。ごく当たり前にしていたので、私もやってみた。真剣にやってみたが、絶対持ち上がらない。
すべての仕事で息を切らした。これは結構ショックだった。

自転車旅行や農家のアルバイトなどをしていた頃からこっち、体力測定もそれほど悪い数字は出なかったし、逆に力はある方だと言われることもあったりした。
だがそれはあくまで、全然体を使っていない人々に埋もれている時の話。ここ数年はあまり体力を使わない仕事をしていたし(仕事していない時期も長かったし)、ミソジにも突入して(泣)、ずっと体力なんてあるはずはないのは自覚していた。
にしても、食事の時に手を持ち上げるのがやっとなほどに疲れきってしまうなんて。
仕事量そのものも、考えていたのよりずっと多い。以前牧場で働いていたときは、私は搾乳と搾乳の牛舎の世話だけをしていた。ここでは、子牛や若牛の世話をした後で、搾乳の仕事がある(仕事そのものは初めてで面白い)。
考えてみればどんな牧場でも、家族みんなで子牛を育て、乳も搾ってやっているのだから、このくらいの仕事量はあるものなのかも知れない。


最初にオーナーたちとお喋りをしたとき、「体力的には、酪農よりも畑作の方がキツかったですねー。」と言い放った自分を思い出す。うう、すんません。酪農を知らなかったかも私。

さらに、自分の書いて送った履歴書が脳裏を掠める。今までずっと、「長所」の欄に『根性があると言われます』などと堂々と書いていた。今回も書いた。
うう、ごめんなさい。ないっす、根性、なんか全然。

そして、牧場で働くと聞いたミツコが色々と心配してくれたことを思い出した。「つらい時もあったけど、牧場の仕事は楽しかった。」と答えた自分を思い出す。
ミツコ…私は口だけ人間…?

死んじゃうかも。


と、すっかりへこたれてしまった私だったが、三日目を過ぎた頃に、筋肉痛と疲労のピークが過ぎ去って行ったようだった。
少しずつ体に余裕が出てくると、気持ちも一緒に少しずつ余裕が出てきた。
辛くなる一方ではなく、楽になっていくのなら…やっていける望みはある、かも!

これが、今の私の状態。
# by ushimaton | 2006-01-04 19:55 | まきばにっき

はじまりは

12月はじめ。
大好きだったお祖母ちゃんが死んでから四十九日目のことだった。
かなり突然、「牧場作業員」の求人に申し込んでみようかと思い立った。

3月で神奈川県での仕事をすべて引き払い、札幌の自宅に帰ってきてからは、私はずっと無収入、いわゆるニート状態?だった。
十勝に住む親友ミツコの家に何ヶ月も居座って、産まれたばかりの赤ちゃんの「なんちゃって乳母」をしたり、彼らの広大な家庭菜園の手伝いをしたりして過ごしていた。
神奈川の生活で、精神的にギリギリの状態になっていた私にとって、気兼ねの要らない自宅と親友の家での生活は、本当にありがたいものだった。
でも、ずっとこの状態でいられるわけもない。赤ん坊も大きくなってくれば手伝いなんて必要ないし、畑仕事も秋には終了する。友人に甘えて長居をしていたら、迷惑をかけるだけになってしまう。

児童館の指導員を辞めてからは7年間、札幌では仕事をしていなかった。
自分に事務や営業は恐ろしいほど向いていない自覚はあったし、今までも体を動かすような仕事ばかりを選んでしてきていた。
農業、工場、NPOの手伝い、工事現場…
それほど長く続けたものもなかったが、どんな仕事も、それまで知らなかった世界の断片を垣間見れて、とても興味深かったし、それぞれの辛さもあった。だから余計に、そこで働く楽しみがあった。
なんといっても、長い時間のかかる「目標」を叶えたり、叶えた目標で足りなくなった分を後で補ったりしながら生活するから、こういうことになってしまうのだけど。

だが今は、まずは何でもいいから、収入がないと生きられない!
たまった年金をもっと払わないと、もし長生きできた時に、年金ももらえない。
それに、私の次の大きな「目標」を叶えるには、まだまだ何年もかかるのは間違いなさそうだ。
できるだけ早く、そしてできるだけ長く働けそうな仕事を見つけたい。
それで、札幌で仕事を探していた。

「何でもいい」という割に、実際に求人を探しても、どうしても「申し込む」ところまでいかない。とりあえず今生活できる分の仕事を、と思っても、先に進めない。
実家に戻って、アパート代に困るとか食事に困るという状況ではなくなったから、甘えが出たのかもしれない。
悶々としながら求人を見ていて、その日はふと、農業に目が止まった。今までも目を通してはいたのだが。
牧場、それも、民宿やチーズ工房もしている牧場の作業員募集。
…申し込んでみようか…。

5年前に5ヶ月間、牧場の仕事をしたことがあった。
朝4時に起きるのがすごく辛かった記憶はあるが、仕事そのものは面白く、優しい人にも囲まれ、約束の期間をとても楽しく過ごした。ドジや不注意の多い私だが、「お前はウシの才能がある」という謎のほめ言葉(?)をもらったりした。
牧場や、その前後でしていた畑作の仕事の良かったところは、毎日季節が移っていくのを感じたり、生き物に会ったり、きれいな星を見たりして過ごしたことだった。

結局、人工物の少ない「環境」を、私は一番求めていたのかもしれない。
# by ushimaton | 2006-01-03 11:36 | 自分のこと

うしだより開始…!?

こんにちは。
ブログをはじめてみました。何がなんだかわからないことばかりなので、やりながら少しずつわかるようになる予定でござる。

タイトル「うし日和」は、我が友・そよちゃんが考えたものです。
どうして「うし日和」?
それは…昨年末に決まった私の新しい仕事が「牛」だからです。
そう、まさかの(?)牧場勤務。
新しい住処は、北海道の北東部、O町。
チーズ工房や宿も経営している一風変わった牧場のスタッフになりました。
週1,2回を目標に(低い?)、ちょろちょろと牧場生活や自分の話などをしていこうかと計画中です。

12月に2週間ほど勤務した後、大晦日から正月休みで札幌に帰省しております。
しかしながら、休み突入と同時に体調超悪化。
胃がギリギリ痛んで、犬どもと一緒にゴロゴロ寝正月になってしまいました。トホホ。

トホホの語源って何だろう。f0032403_1132050.jpg
# by ushimaton | 2006-01-02 11:14


気が小さいのに、珍しいものは好き。 道草を喰って、たまに反芻したり。 牛歩ではありますが。


by ushimaton

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

☆★うしまとん★☆

 生まれと育ちは北海道

 震災被災地にお手伝い
 行っております

 コメントの返事が
 とどこおりがちですが、
 嬉しくありがたく
 読ませていただいています

 自分のブログの更新する余力がなかなかなくなってしまいましたが、日々の報告メールをこちらに出しております。
災害移動支援ボランティアRera


 
☆★リンク★☆

うしのつむじ
 牛の版画
ひまわりの家から
 手作り&子育て(休止中)
シーラチャーからこんにちは
 タイ子育て日記(移動前)
モロッコ雑貨 リヤド
 モロッコ雑貨とフェアトレード
うさぎのなみだ
 珠玉のひとこと日記
寺田本家
 千葉のおいしい造り酒屋
++明け烏++
 創作小説&日記
彷徨う語り鬼たちの杜
 創作小説
カナダ大平原のファームからの便り
 カナダの牧場
Cowbell's diary
 北海道の放牧酪農
照長土井の長岡日記
 但馬牛
北海道発 真っ赤なトマト
 激うまフルーツトマト
酪農生活100
 新サイトもあります
花のまわりをあるく歌
 手作り&子育て
打弦人生
 ハンマーダルシマー
フィールド オブ ドリームス
 関東の放牧酪農
Nayaカレンダー
 珈琲・カレー・天然酵母パン
うしカメラ
 牛写真家の牧場訪問記


◆笑いでウルオイを◆

ほぼ日刊イトイ新聞「言いまつがい」
虚構新聞

お気に入りブログ

代官山駅前日記
空を見上げて
バイオマスおやじの日々
ちょっとだけ大根
AZUのサンへーブログ。...
そらまめ~北海道便り~
世界は知らない事ばかり
なかじまや

以前の記事

2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
more...

検索

ライフログ


ナヌークの贈りもの


ともだちは海のにおい


いのちの食べかた


神さまってなに? (14歳の世渡り術)


ムーミン谷の冬 (講談社文庫 や 16-5)


どうぶつさいばん ライオンのしごと


ことりをすきになった山


ぐるんぱのようちえん(こどものとも絵本)


HARD TO FIND Vol.2


あなたが世界を変える日―12歳の少女が環境サミットで語った伝説のスピーチ

カテゴリ

つらつら
気になること
おすすめ!
ともだち&チビッコ
自分のこと
うち
ウシ話
旅のそら
まきばにっき
ほたてにっき
はたけにっき
みなみにっき
東日本大震災

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧