<   2011年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

牛が死んだ

お産の後で体調を崩した牛の様子を見に行ったら、死んでいた。
どさりと倒れて、首は飼槽の中に入っていた。

ほんの少し前に見た時は、元気はないもののちゃんと立っていたのに。
確かに調子は悪かったが、死を感じさせる前ぶれすら感じる間もなかったので、とてもびっくりした。
二日ほど点滴を打ってもらい、回復しているように見えていたのだけれど。
急性心不全、とのこと。獣医さんの回診の1時間ほど前だった。

本当に死んだ直後だったようで、まだやわらかく、温かく、瞳もきれいだった。

f0032403_22342231.jpg牛の死が初めてなわけじゃない。
そこそこ大きな農場ばかりで仕事してきていたから。頭数の多いところでは、牛の死はすでに日常の範囲にある。びっくりするような死にも何度も会ってきた。

これまでの牛の死は、体調を崩すまで、あるいは死体を見るまで、たくさんいる牛たちの中のどれか一頭という存在だった。
今日死んだニーラは、名前も性格も搾乳の癖もお乳の形もみんなわかる。
「牛の一頭が死んだ」のではなく、「ニーラが死んだ」。

ニーラ、かわいそうに。
ものすごく勝手だと自覚しながらも、やっぱり、かわいそうにと思わずにいられない。
かわいそうなニーラ。こんな体にしたのは、ニンゲンなんだもんね。


牛には色々な種類がいる。
乳を出す牛、肉になる牛、物を運ぶ牛、毛の長い牛。
今、地球上にいるすべてのウシの仲間は、人間が野生の牛を飼い、育て、長い年月をかけて品種改良した結果の姿をしているのだという。
原種のウシは、もう地球には存在していないそうな。

中でも乳牛、とりわけホルスタインは、まさしく改良に改良を重ねた品種。
もともとは自分の子を育てるためにあった乳房は、一日に50リットルもの乳を生産するようになり、立ち上がる時に自分の足で踏んでしまうほどに大きくなり。(個体差はあるけれど)
それだけの牛乳を作り出すためには、一日に数トンもの血液を必要とする。
お産の前後は、体が急激に乳を作り始めるためにエネルギー不足、カルシウム不足となり、気をつけていてもさまざまな弊害が起こってしまうのだ。


日本にいる数百万頭の牛たち。
当たり前だが、その中に寿命いっぱいまで生き、老衰で天寿を全うする牛は、ほとんど存在しない。
だって、経済動物ですもの。
乳をいただき、乳が出なくなれば肉をいただき、乳にも肉にもできないならば、飼い続ける意味がなくなる。
だけど、牛を飼う人々が自分の牛を自らの手で肉にしなくても良いという仕組みができている。
だから、「もう乳牛として飼うのをやめました」という牛は、かわりに肉にしてくれる業者さんにお願いして、連れて行ってもらう。
病気の牛も、業者さんが連れて行ってくれる。
だから牛飼いは、牛を飼って、飼わなくなった牛はトラックに乗せてサヨウナラして、日々を過ごしている。

f0032403_22345588.jpg牛舎を見渡す。
ここにいるすべての牛たちは、ほぼ間違いなく、寿命いっぱいまで生きることはない。
人は、ごくごく当たり前のこととしてそれを知り、そういうものだと思って日々を過ごしている。
考えてみると、ここにいるすべての牛は、(突然の事故でもない限り)自分が必ず人の手で最期を迎えることになるなんて、当たり前だが知らずに生きている。

ただ、それだけのことなんだけど。


ずーーっと昔、まだ子供の頃、家に藤子不二夫のSF短編集があった。
たしか、SFは「少し、不思議な」の略でもあるって書いてあって。
その中に、『ミノタウロスの皿』っていう短編があった。
見知らぬ星に宇宙船が不時着して、星の人に助けられるんだけど、その星で文明を持っているのは、牛にそっくりな顔をした人類。家畜として飼われているのは、地球人と同じ姿の人間。
主人公はその中のかわいい女の子に恋をするんだけど、そこの人類に大切に大切にされている彼女は、お祭りの日の生贄のために育てられている。
その女の子に「生贄になれることは名誉なこと」「おいしそうでしょ?」なんて言わせてしまうあたりが、ブラックでシニカルなのであります。


愛情ってなんなんだろなーなんちゃって。
「よしよし、かわいいね。元気に育てよ!」って面倒見て、病気になったら心配して、大人になってもかわいがって、経済性がなくなったらトラックに載せちゃうんです。
だけど、かわいがっているのは本心なんです。
そういいながら、たとえば治療に莫大なお金がかかるなら、手離します。
牛だけじゃない。
お米だって、人間が改良を重ねた結果の、自然ではありえない姿であり。
野菜だって、毎日声をかけたり水をやったりせっせと大切に育てて、「おいしくなってありがとう」とか言いながら食べちゃうんです。

人間、カスミを食べても生きていけないから。


f0032403_22355898.jpg愛情だのかわいそうだの、変に考えたりしないで、あったりまえな事として虫を食べる鳥、鳥を食べる獣、世の中はほんとうはそういうものなんだと思う。
でも、どういうわけか謎の感情をニンゲンは手に入れた訳で。

矛盾しててもいいと思いまっす。
勝手に矛盾して、勝手にその矛盾にわびて、それしかないっしょ。


だから、勝手だけど、ごめんね、ニーラ。
by ushimaton | 2011-01-26 22:42 | まきばにっき

さいしょのすーちゃん

かなり前に半端に下書きしたまま、ずっと眠っていた記事ですが。


前の2作も記事に書いたからには、最後の1作も書いておきたい気分。
最後と言うか、最初なんだけどね(笑)

最新作からさかのぼって、結局初回作品に到達した。
すーちゃん』。
最初に読んだ3作目(笑)と、次に読んだ2作目の記事は、こちら。


f0032403_20481814.jpg


1冊で1年くらいの時間がなんとなく過ぎているような進み方の3冊。
一冊目のすーちゃんは34歳で、調理師免許を持っていて、鹿児島から上京してきてカフェの社員をやっている。


いやあ…裏切られた。
おっそろしく、いい方向に、裏切られたぞ、この本に。
シリーズの中で一番染みたかも。

もし、前の(いや、後の?)2作を読んでいなかったら、絶対この本を手に取ることはなかっただろうと思う。
それくらい、文庫の裏の紹介文は私にまったく響いてこなかった(爆)

『30代独身のすーちゃんは、職場のカフェでマネージャーに淡い恋心を抱く。そして目下、最大の関心事は自分探し。今の自分を変えたいと思っているのだが……。』

ウーム(-"-;)

私がどうにも好きじゃない言葉、それが「自分探し」というやつ。

自分探しってなんやねん?
自分は自分やん??

おそらく、かつて一人でふらっと海外を歩いたときなんかに、「自分探しの旅」みたいに言われたりしたのがとっても嫌で、その時の過剰反応がなんとなくズルズル引きずられて今に至っているのかも。
「自分探しの旅」、ギャーほんとにこういう自分酔いしたモラトリアム的な言葉、苦手なんですの。
なんだろう、結果的に自分を掘り下げるような旅をしたんだとしても、はじめから「ボクは、ボクを探しに行く…。」とかつぶやいてリュックサック背負って森にたたずんでいる的なイメージ、ダメっす(笑)

紹介文には続いて、

『ナチュラルライフに憧れてお米を玄米に変えたり、恋愛攻略本をつい買ったり、老人ホームの広告を見て「高い」とため息をついたり。共感度120%の、じわーんと元気が出る四コマ漫画。』

とある。

いや、あんまり攻略本とか広告にため息とか、共感度120%じゃないし。

っていうか、この本、四コマ漫画じゃないんですけど!!(爆)

一体どういう人がこの文庫本の裏ってやつを書くのだろう?笑
ともかく、この本を誤解して読まないところだったのを、そんなわけで読むことができて、良かった~。と思った。

紹介文は共感度120%ではなかったが、本の中身は、本当にじわーんと共感してせつなくなる。
上京独身女子の恋バナの共感度かって?
いやいやいや。この本をなめてもらっちゃ困る。
すーちゃんが考えているのは、「自分探し」じゃない。
「もっといい人になりたい」と思う自分を、自分探しという言葉に当てはめてみながらの問いかけ。

f0032403_21501174.jpg自分が大好きな人も、世の中には確かにいるけれど。

だいたいの、普通の感覚を持っている人なら、多かれ少なかれ感じることはあるんじゃないだろうか。

こんな自分が、イヤなんだ。
他人のことを悪く思ってしまう自分。
もっと、ほんの少しでもいいから、いい人になりたい。
いつも穏やかで、裏表なくてみんなに優しくて。
妬んだり、計算したり、人を押しのけたりすることは、いけないことだと知っているから。
だから、知っているのにそう思ってしまう自分が、イヤなんだ。
だから、そう思うたびに、諸刃の刃に自分自身が血を流してしまうんだ。

そういう感触。
わからないだろうか?
私はすごくわかる。
それが、「自分探し」ということなのかな?
そこがすーちゃんの疑問符。


f0032403_223314.jpg『すーちゃん』には毎回、すーちゃんの他にも登場人物がいる。
彼女の周りにいる、30代の始めから終わりまでの、様々な立場の女の子たち。
立場はいろいろ。

彼氏と早く結婚して仕事を辞めたい子。
不倫中の子。
長年彼氏がいない自分の「体がもったいない」と思う子。
お見合いで結婚して仕事を辞めた子。

それぞれの立場で、それぞれの女の子たちは、それぞれなりに一生懸命生きている。
不用意に傷つけるものたちから身を守るためにスレてしまった自分を、ちょっと嫌いになったりしながらも。


同じ益田ミリさんの『週末、森で』という本も、ちょっと似たような感じでおもしろかった。



とりあえずこの1作目が一番ぐっときた。
外で読んだんだけど一人で泣いちまったぜよ(笑)

将来、この本を読んで、登場する彼女たちに知ったような顔で批判を浴びせるような年の取り方をしていたなら、自分が最悪な年の取り方したってことだなー(笑)
by ushimaton | 2011-01-17 23:10 | おすすめ!

うしのおなかの宇宙探検

f0032403_1336568.jpgうしうし基本教室。

牛といえば、日本で代表的なのは、白黒模様のホルスタイン。
ホルスタインは、乳牛。

「乳牛は、オトナになったら、お乳が大きくなって牛乳が出てくるようになっている。」
と思っている人、手を上げて~。

つまり、生まれた子牛を育てて大人にして、乳が出るようになったら搾るのが酪農、と。
ちなみに私も、自分が何の因果か酪農にかかわるようになる前は、なんとなくそんなイメージしか持っていなかった。

しかしですな。
よく考えると、そんな哺乳動物はおらんのであります。

どんな生き物も、うしも、まずは当たり前だけどメスしか乳は出せない。
そして、メスだとしても、子供を産まないと乳は出ない。
それから、メスしか産まないなんてことはありえない。

つまり、白黒模様のホルスタインを育てて、まずは子牛を産ませる。
産んだ母さん牛は、牛乳が出るようになる。それを搾る。
産まれた子牛がメスだったら、基本的には育ててお母さん牛にして搾る。
オスだったら、牛乳は搾れない。だから、肉用に育てられ、スーパーの「国産牛」シールを貼ったパックに入る。


当たり前だけど、大人になった牛を黙って眺めていると子牛を産む、なんてことはない。
牛だって、いわゆる交尾をしないと子供はできない。
でも、交尾はしないよ。ほとんどの場合。
どうするかというと、「人工授精」というやつを代わりに行うのだ。

牛の妊娠期間は人間とほぼ同じ8ヶ月。
人間と同じで、メスが卵巣から排卵して受精の適期にならないと受精して妊娠しない。
ここでは人間と違って、牛はその適期になると「発情」をしてそれを知らせる。
オス牛がいるところならオス牛は張り切る。ほとんどの牧場のようにオス牛のいないところなら、人間が人工授精をする。

その、人工授精というやつ。

これを初めて見たときは、驚いた~。

受精師さんが、「直検手袋」という、肩まですっぽり覆う大きなビニールの使い捨て手袋をつけて、牛の背後に回り、牛のおしりの穴から肩まで手を突っ込んでしまうのだ。
直検、つまり直腸検査といって、腸の壁ごしに、その下にある牛の子宮を触って状態を診るのだ。

人の手が肩まですっぽり入ってしまう牛の腸って!!(@0@;)
肩まで埋没させながら「うーん、左だな。」とか「まだちょっと早いな。」とか言ってるし!!(?_?;)

f0032403_14284755.jpg写真がないので、岐阜大学動物病院のHPからお借りした画像。

牛は普通~にのっそり立ってくちゃくちゃ反芻していたりする。
「牛のおなかの中、おしりの向こうは宇宙になってるんだと思うな。」
と、いつもしみじみとつぶやく私なのだった。


そんなある日。
発情牛の直検をしていた職場の人が、
「手、入れてみます?」
と言ってきた。
「えええ、だ、大丈夫なんですか??」
謎に包まれた、肛門の向こうの禁断の宇宙空間に、私のような無防備な素人が踏み込んでしまって、肩から向こうが謎の4次元空間とかに取り込まれてしまったりしないのであろうか。

びびりながら、手袋をはめる。
直検手袋自体は初めてではない。
昔、料理をしていて指をスパッとやってしまい、「お前は料理に自分の指入れるのか!?」とからかわれながら病院で4針ほど縫ってもらい、翌朝からの搾乳の時にこの手袋を使わせてもらっていた(笑)

そしてまとんは禁断の宇宙空間に手を差し入れたのであった。

むむむ。
肛門の括約筋は力強いので、腕がぎゅーっと締め付けられて血が止まりそう。
その向こうの空間は、…広い…。
ほら穴みたいだ。うわぁ。
あったかい。
ぶよりんぶよりんしている。
ちょっとざらついたペースト状の物質が邪魔をしてる。
直検している人の真似をして、私もその邪魔な宇宙物質すなわちウンコをペッペッとかき出し、またやり直し。

どこもかしこもぶよりんぶよりん。
でも、言われてずーっとそのぶよぶよ壁を探っていると、その向こうに確かにほんのりと何かがあるのが少しずつわかってきた。
ぽよぽよしている膀胱。
真ん中に一本の縦筋のくぼみがある、子宮。その手前に子宮頚管。
でも、言われればなんとなくわかる、という程度。素人なもんで^^;

人工授精をする人は、この腸壁越しに子宮頚管を「握り」、長い細いストローを通して子宮に精子を送り込むのだ。
すげえなあ。

人工授精用の精子は、種牛から採取されたものを一回分ずつストローに入れて冷凍し、液体窒素の中に漬けられた状態で売買され、保存されている。
液体窒素は小さなタンクのような容器に入っている。

南の島にいた頃、運転免許を本島で取って船で島に帰るとき、親方に
「液体窒素買ってきてくれ」
と頼まれ、言われたドライアイスなどを扱っている会社に行って
「あのー、液体窒素下さい。」
とシュールなおつかいをしたことがあったな。


そんなわけで、まとんの腕は宇宙人に持っていかれることもなく、無事に牛のおなかから帰還した。
by ushimaton | 2011-01-10 15:12 | ウシ話

あけおめ、そして、うしびより5周年

あけましておめでとうございます。

みなさまに、たくさんの幸福が訪れますように。

今年も、よろしくお願いいたします。


…ところで、今年はわたくし、年女でございます。
12年に一度!待ってました!(ほんとか?)

ん~、いい事ありそう♪(*^-^*)
と、思ったら……
なんと、今年はまとん、厄年だったのでございました。
オーーーノオーーーー!!
ていうか去年も前厄だったんか~!(笑) もう過ぎたし!

f0032403_2112191.jpg
というのを、ほんのつい先日に、東京にある「牛天神」に行った時に初めて知った…笑

「牛天神」とは、菅原道真の牛をまつったありがたい神社。
狛犬ばりに社の左右を固めた牛の像の、なんともいいお姿♪
なんだろう、このやさしいおおらかな表情。
牛に、こんな表情をされてしまうと、なんだか自分が恥ずかしくなってしまいますわ。
牛の生命すら完全に自分の支配下であると錯覚して、でかい顔している人間。

この像を作ったのが人間であるとわかっていても。




そして、本日1月2日は、うし日和5周年なのであります!!

ひょえーー、もう5年だってよ!?

ちょっと最近はペースが落ちてしまったけれど、5年間。お付き合い下さった方々、本当にありがとうございました。
深い考えもなしに始めて、深い考えのないままとりとめない記事をつらねてばかりのブログだけれど。
このブログを通しての、とてもとてもすてきな出会いというのが、いまだに後を絶たないのでございますよ。
ほんとうにありがたい。ほんとうに嬉しい。
なんだか不思議。

ありがとうありがとう。


さて、5周年ということで、今回もちらっとうし日和を訪ねる人々~!

毎月ごとの、訪問者のここへたどり着いた検索ワードのトップ10がわかるようになっているのだが。
今年は4月以降の更新記事が軒並み一桁台でしかもなんだかよくわからないような記事も多かったりして(^^;)、検索エンジンから訪問した人はほとんど過去記事を訪ねて来ているらしく、あんまりおもしろい検索ワードはなかった…ちっ。

年間通してかなりの上位にいつも入っているのが、「ローピン」「ローピン レシピ」などのワード。
そ、そうであったか。ローピンがそんなに有名な食べ物であったなんて…。(一部の人には)

人気ワードなので、一応うちのアバウトすぎるレシピの記事はこちらどす
(毎年やってる…)

あと、季節で急激に増加するのが「ジャガイモ 斑点」。
家庭菜園のみなさま、5月頃には病気に悩んでおられるのですな。

去年一昨年から、なにげに多い検索ワードが「短い10両編成」だった。
なんだそら?と思っていたが、いまだにちらほらベスト10入りするので今ちょこっと自分も検索してみたら、「短い10両編成」というのは、都会のホームのアナウンスで田舎から出てきた人がカルチャーショックを受ける決まり文句のひとつでもあるらしい。
南の島に行く前に、経由地の東京で書いた記事だ。
全く何の役にも立たないと思うが…そもそも「短い10両編成」という検索ワード自体が特に役に立たないから、いいのかな(笑)

たまにふと現れる言葉「ワニ 正面」。
よく聞いて下さった。
私この写真大好きなんだぁ。
もう一回載せちゃおうww

f0032403_22294278.jpg

ね、おもしろいよね?(≧▽≦)


まあそんなで、新しい面白みにはちょっと欠けたけど(^^;)

f0032403_22213011.jpg
こんな私でも、細く長く、ずっと読んで下さった方々。
5年だよ5年!!
もう「旧友」と呼びたいくらいよ。

この5年のうちに、実際にお会いできた人々のなんと多かったこと(笑)

こんな支離滅裂なつぶやきブログに長いことお付き合いいただいて、どうもありがとう。
これからも細く長くよろしくね!

よい一年になりますように。


→いつでもどこでもごはん食べ歩き♪
 …じゃなくて、食べているうちに取っ手が回ってこんなになって慌てていたの図(爆)

  あ~かわいい♪
by ushimaton | 2011-01-02 22:26 | つらつら


気が小さいのに、珍しいものは好き。 道草を喰って、たまに反芻したり。 牛歩ではありますが。


by ushimaton

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

☆★うしまとん★☆

 生まれと育ちは北海道

 震災被災地にお手伝い
 行っております

 コメントの返事が
 とどこおりがちですが、
 嬉しくありがたく
 読ませていただいています

 自分のブログの更新する余力がなかなかなくなってしまいましたが、日々の報告メールをこちらに出しております。
災害移動支援ボランティアRera


 
☆★リンク★☆

うしのつむじ
 牛の版画
ひまわりの家から
 手作り&子育て(休止中)
シーラチャーからこんにちは
 タイ子育て日記(移動前)
モロッコ雑貨 リヤド
 モロッコ雑貨とフェアトレード
うさぎのなみだ
 珠玉のひとこと日記
寺田本家
 千葉のおいしい造り酒屋
++明け烏++
 創作小説&日記
彷徨う語り鬼たちの杜
 創作小説
カナダ大平原のファームからの便り
 カナダの牧場
Cowbell's diary
 北海道の放牧酪農
照長土井の長岡日記
 但馬牛
北海道発 真っ赤なトマト
 激うまフルーツトマト
酪農生活100
 新サイトもあります
花のまわりをあるく歌
 手作り&子育て
打弦人生
 ハンマーダルシマー
フィールド オブ ドリームス
 関東の放牧酪農
Nayaカレンダー
 珈琲・カレー・天然酵母パン
うしカメラ
 牛写真家の牧場訪問記


◆笑いでウルオイを◆

ほぼ日刊イトイ新聞「言いまつがい」
虚構新聞

お気に入りブログ

代官山駅前日記
空を見上げて
バイオマスおやじの日々
ちょっとだけ大根
AZUのサンへーブログ。...
そらまめ~北海道便り~
世界は知らない事ばかり
なかじまや

以前の記事

2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
more...

検索

ライフログ


ナヌークの贈りもの


ともだちは海のにおい


いのちの食べかた


神さまってなに? (14歳の世渡り術)


ムーミン谷の冬 (講談社文庫 や 16-5)


どうぶつさいばん ライオンのしごと


ことりをすきになった山


ぐるんぱのようちえん(こどものとも絵本)


HARD TO FIND Vol.2


あなたが世界を変える日―12歳の少女が環境サミットで語った伝説のスピーチ

カテゴリ

つらつら
気になること
おすすめ!
ともだち&チビッコ
自分のこと
うち
ウシ話
旅のそら
まきばにっき
ほたてにっき
はたけにっき
みなみにっき
東日本大震災

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧