<   2009年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

北で会いましょう♪

f0032403_224121.jpg

みっちゃん家への訪問のすぐ後には、今度はこちらに訪問者が。
はるばる愛知から、秋の北海道の写真旅行に来た、ブログ(『空を見上げて』)友達のyu-yanさんが立ち寄ってくれたのだ。

yu-yanさんとは、南の島で会い、名古屋で会い、そして今回は北のオホーツクの町で会った(笑)
さっぱり爽やかで気取らないタイプで、なんだか昔からの友達のようにも思えたりする女性。
とみちゃんとまとんと、yu-yanさん、女子3名揃ったというのに、全員ショートヘアできゃぴきゃぴしてなくて、どうも色気に欠ける顔ぶれであった(爆)

夜は我らがとみちゃん家にて豪華に、この前いただいた牛肉のジンギスカン風焼き肉、いただいた鮭のちゃんちゃん焼きを食べながらお喋りを楽しんだ。

yu-yanさんが、大きく引き伸ばした写真をたくさん持ってきてくれていた(*^o^*)
うゎ〜綺麗〜(´∀`)
マダガスカルの写真とか北海道とか、どれもこれも素晴らしいのだった。
さっそく額に入れて、季節もので彼岸花の写真を飾ってみた♪

写真って、そこにある風景をただ切り取ったもののようでいて、そうじゃない。
絵や音楽やうたと一緒で、それを切り出した人の心が映っている。
だから、絵や音楽やうたと一緒で、うまく映し出すのは誰にでもできるものじゃない。
こんな素敵な表現を持つyu-yanさんが羨ましく凄いと思うのだった。

お土産の名古屋グルメも美味しいし珍しいし(まだ大事にとってあるものもあるが)。

ひなびたローカルな温泉にも行ったしね( ̄∀ ̄)


はるばる来てくれて本当にありがとう、楽しかった♪
by ushimaton | 2009-09-27 22:41 | ともだち&チビッコ

みっちゃんに会いに!

f0032403_21503247.jpg

f0032403_21503232.jpg

f0032403_21503252.jpg

諸般の事情で天気がいい日にお休みになり、しかもとみちゃんも同じ日が休み!という素晴らしい1日が降ってわいた。
そして、前の日までお友達が来ていたりと忙しくて疲れていたのに、とみちゃんがドライブ計画を練ってくれた。

行き先は…今年の春に「ひまわりの家」からついにお引っ越しとなった、我が心の友・みっちゃん一家の新居!

みっちゃん一家は、ただ今酪農家への新規就農に向けて、新しい町で準備や研修をしているところなのだ。
もちろん、ペットのジャージー牛サンちゃんやその子牛(もう大きいけど)しずく、犬猫、そして可愛いひなた姫と赤ちゃんのひかる王子もみんな一緒に。

新しく引っ越してきた町は、ここから車で2時間ちょっと(人によっては1時間半とか(-"-;))行った所で、北海道的には「まあまあ近く」なのだ。

う〜む会いにいけて良かった(*^o^*)
もう3年も会ってないの。
みっちゃん達はブログも休止中だし、忙しそうでほとんど連絡取れないしで、ずっとヤキモキ気にしていたのだよ♪
思いがけなかっただけに、せっかく沖縄やら京都やらで買っていたお土産も実家に置きっぱなしになってしまったのだけど(-_-;)
また行かなきゃ(笑)


山あいの小さな町の、離農した農家のお家に住んでいる、ひまわり一家。
みんな元気だったよー♪

愛しのひなた姫は、いつの間にか4歳になっておられた(@_@)
この前会ったときはまだ言葉もおぼつかなかったのに、いやはや喋る喋る!
当たり前なんだけど、その成長ぶりには目を見張りますわ。もうすっかり一人の「人間」なのね。

初めて会った、ひかる王子様もかわいかった♪
なんともまったりしていて、抱っこすると1秒もじっとしないで全身をいじくりまわして遊ぶお父さん(爆)にもめげずに、泣かないんですわ。
こんなに小さいうちから、それぞれの個性というものがあるんだなぁ。

まだ引っ越して半年経つか経たないかなだけに、色々まだバタバタしていそうではあったが、みんなとりあえず元気なようで、何より何より(´∀`)

牛のサンちゃん親子も、犬のさくらもかえでも、猫のしろさんも、みんな相変わらずで(かえでとしずくは初めて会ったのだが)良かった。

ひなたに連れられて、家庭菜園のトウキビもぎに行った。
「ヒゲの黒いのが、とっていいトウキビだよ。」
うーむ頼もしい♪

甘くておいしいトウキビでした。

久々の手作りパンやサンちゃんチーズを使った料理もうまかった(≧∇≦)

ありがとう、みっちゃん&たけさん!

そして、長くて暗い山道のロングドライブ、本当にお疲れ様で本当にありがとう、とみちゃん(*^o^*)
by ushimaton | 2009-09-22 21:50 | ともだち&チビッコ

美しくて豪快で、はかない。

f0032403_10561889.jpg

f0032403_10561854.jpg

f0032403_10561875.jpg

山口県からとみちゃんのお友達が遊びに来ていた。
お出かけしていた二人に混じって、夜は温泉に一緒に行ったり、お土産のお寿司やチーズをいただいちゃったり、私まで何かと得させてもらってしまった(*^_^*)v

帰る日には私もちょうどお休みで、ドライブに便乗させてもらった♪
わーい(*^o^*)

やっぱり道東は美しいなあ。

ぐんぐん秋に踏み込んでいく、9月の北海道。
すぐそばの牧草地に、渡り鳥のヒシクイの群が来ていた!
そのうちたくさんのカモだとか白鳥だとかが頭上を飛んでいくのだろう。
タンチョウも来るかもしれない。
ハマナスも真っ赤になって、ナナカマドも色づいてきて、白樺の葉が黄色くなってきて。
ジャガイモやタマネギの収穫で畑はたいへん忙しそうであり。

そうこうしているうちに、霜が降りるようになったり、夜はどんどん早まって……。
夏の気配がぬぐい去られていき、そんなふうに毎日歩みを止めずにズンズン進んでいく季節だ。

札幌にいるときは、いつの間にか初雪の季節になっていたりするのに、ここでは毎日変化を感じる。

南の島で2回冬を越して帰った身には、なんだか余計に久々な気がするなぁ。


お出かけして帰ってきたら、家の前にコンテナ一杯のタマネギと、タライに一杯のナスやメロンやパプリカがドデンと待ち構えていたΣ( ̄□ ̄;)
お仕事仲間で近所の農家のお母さまが置いていってくれたのだった。
前の日には、やはりご近所さんが、鮭を釣って1匹丸ごと持ってきてくれた(≧∇≦)
その前の日には、牧場で育てた牛肉ととれたてのタコ、新鮮でピッカピカのサンマをいただいた!!!
カボチャもいただいた。
枝豆も最高にうまかった。

北海道の秋は、こんなにも豪快で、こんなにも美味で、こんなにも豊かなのであります。


大根。
仕事を始めた最初の日、
「大根、重くなったんじゃ!?(-"-;)」
と半分本気で思った、まとんであった(笑)
両手で2本ずつホイホイと抜きまくっていた記憶と、現在の状況がかみ合わなかったのだ(爆)

幸いにして、そんな全身筋肉痛の時期は過ぎ去り、さすがに25の時と同じにはできなくとも、どうにかこうにかはやっている…気持ちにはなってる…(^^;)

まだもう少し、ここにいるような気配であります(笑)
by ushimaton | 2009-09-19 10:56 | つらつら

秋風のまんなか

f0032403_18305019.jpg

うきうき中標津ドライブの翌日からは、小清水のとみちゃんちに居座って、懐かしの大根農家にてモタモタお手伝いをしております。

本当に楽しくて、大好きだった町。

9年前(!)の夏、自転車旅行で初めてこの町に踏み込んだ時は、特に風景に感動もなく(笑)、「畑ばっかりの町だなぁ。」くらいしか思わなかった。
たまたま、帰路の費用を稼ごうと、町の人にアルバイト先を訊ねてみたら、この農場を紹介された。

夏は畑、冬は酪農のお仕事。
生まれて初めての農業だった。
当時の私にとっては、信じられないほどハードな仕事で、働いている人たちはものすごいタフで元気で、驚いたものだった。

人に恵まれまくって、楽しく過ごして結局滞在1年半!(爆)
自転車旅行は……?(^^;)
ここをゴールといたしました…なりゆきで(-_-;)

かつて、私に素敵な居場所を作ってくれた町。

みんな元気だった。
私の酪農師匠だったHさんは、一昨年とても若くして残念ながら亡くなってしまったのだけど。


南の島の仕事を終えて、まだ沖縄でぶらぶら黒島あたりを回っていたとき、大根親分から、「する事決まってないなら大根抜けや」と電話をいただいた。
そこでの仕事を今の私がまともにできるかは…相当ギモンではあったが、つまりは「久々に顔出せや〜」って言ってくれたという事でもあり。
私も久々に顔出したいサーと思っていたところでもあり。
それで今回、北海道に帰ってすぐに、図々しくも本当に来てしまいましたとさ。
泊めてくれてありがとうとみちゃん(*^_^*)お邪魔してます。


そんなわけで大根仕事。

うむ、やはり、ハードだ(笑)
ハードなんだけど、慣れてきたら少しずつ、楽しくなってくる不思議。
秋風のなかの大根抜き。

この町を出てからの8年。
関東やら南の島やらどこやらそこやら、あちこちでいろんな仕事をしてきた。
中には農業もあったりして。たまには仕事を褒められたりして。
非常に恥ずかしい話ながら、褒められてなんとなく「自分、ひょっとしたらそれなりに仕事できんじゃね?」とか思い上がった部分があったりして。
まとんったら、すぐに思い上がる癖にすぐに凹んだりして、ほんとに付き合いにくいヤツなの(^^;)

それを、悪い感情を伴わずに、謙虚な気持ちにリセットさせてくれる場所だ。と思った。
まぁ要するに、「やっぱり全然ついていけてないじゃん」(むしろ退化)ってことなんだけど(^^;)

のろのろ手伝いをはじめて2、3日後。
「今日は外で晩ご飯食べようよ。」
ととみちゃんに誘われ、とみちゃんの車で、町のレストランに行った。

扉を開けたら、大根親分はじめ、さっきまで一緒に仕事をしていた皆さんが揃って待っていたΣ(@_@)

「サプライズにして黙ってたんだよ〜。」

まんまと驚きました、ハイ。
みんな、びっちり仕事をした後で、お家のことや家族のご飯支度など、色々忙しくて大変なのに。

これだから、みんな好き。
これだから、8年前もここが楽しかったんだと思う。8年間ずっと好きだったんだと思う。

ありがとう。


あと少し、毎日ドジドジしながら(笑)ここで大根抜きをして帰る。
by ushimaton | 2009-09-11 18:30 | はたけにっき

追記とヤギ

f0032403_1925265.jpg

そうそう。

中標津の『牧舎』で、とっても嬉しい出会い、いや再会があった!

今からちょうど3年前、カテゴリー『ほたてにっき』の頃に、一緒にホタテ仕事をしていた、九州のFさんとお会いしたのだ!

Fさんは、今年も夏の間ずっと知床で昆布干しのお手伝いをしていて、今は九州から飛んできた奥様と合流して、2人でゆっくり南下しながらの旅行中なのだ。
「来年で70になるんですよ!」とニコニコ仰っていたが、見えない見えない。
本当にパワフルで活動的ですごい方なのだ。
一緒に仕事していても感心してしまったものだ。
私が南の島にいるときも、ちょくちょく手作りの高菜漬けやら八朔やらを送って下さったり(*^_^*)

今回こうして連絡取り合って都合を合わせて再会できて、本当に良かった♪
奥様とは初めてお会いしたのだけど、これまたすごく若々しくて、優しい雰囲気の素敵な方だった。
なにより、ご夫婦の雰囲気が素敵。仲良しで楽しそうで。
南の島を出てからこっち、そういうご夫婦とばかりやけに会っているような気がするのは、なんかのカミサマが、人間不信になりかねないまとん(爆)に「良い例」を並べてくれたのであろうか?
…などとバカなことを思ってしまったり(^^;)

日程合わせて牧舎まで来てくれてありがとう、Fさん!


それから、荒川版画美術館の訪問者ノートに、ブログ友達のyu-yanさんを発見した!
夏休みの北海道で寄ってくれたのだ。
「都合が合えばぜひ北海道で会おう」と話していたのだが、残念ながら会えなかった(T_T)
でもやり取りはしていて、牧舎に行くとも聞いていた。
だから、ノートを見てとっても嬉しかった(≧∇≦)☆☆

ありがとうyu-yanさん♪


それから、この日行った他の場所というのが、なんと140頭も山羊を飼っているというヤギ牧場。
食用ではなく(ヤギ肉の需要があまりないらしく)、乳を搾るために飼っていて、つまり酪農ヤギバージョン!?
牛も飼っている酪農家さんなのだ。

ヤギかわいかったよ〜♪
いきなりお邪魔したのに、お母さんがすごーく丁寧に、子ヤギから大人ヤギまでぐる〜っと回って案内してくれた。
なんとここには、ヤギの乳搾りマシーン(ヤギ専用ミルカー)があるのだ。
牛の搾乳をするミルキングパーラーのヤギ版があって、ヤギを並べてミルカーで搾る(@_@)
おもしれー!すげー!

ヤギの色々なお話を聞いて、最後にヤギの乳を売ってもらった。
サービスで、この牧場のノンホモ低温殺菌の牛乳もいただいてしまった!!
おいしかった(≧∇≦)
ヤギ乳は、なるほどヤギ!って感じ(笑)
体にも良いらしい。牛乳でお腹ゴロゴロしやすい人も大丈夫なんだって。


色々珍しくて楽しい一日でありました。
by ushimaton | 2009-09-07 19:25 | はたけにっき

東へ

f0032403_11553021.jpg

f0032403_11553012.jpg

f0032403_11553070.jpg

夜行バスに乗って、はるばる来ました知床の根元。
同じ北海道内の移動でも夜行バスって、考えてみるとすごい(^^;)

今だに何かとお世話になっている、かつての大根親分と我が友とみちゃんに会いに来たのだ。
そいで、ついでにちょこっと大根のお手伝いに。

遊びに来たのはちょうど2年ぶり。一昨年の今頃、やっぱりとみちゃんちで、同じくウシ同僚だったゆうきくんと3人で初の同窓会をした。
(2年前に記事があるけど携帯だからリンク貼れず)
ゆうきくんは今京都で石焼き豆珈琲と天然酵母パンの店をやっている。
(2ヶ月前の記事があるけど携帯だからリンク貼れず)


夜行バスが小清水の町に着いたのが、昨日の朝。

お迎えに来てくれたとみちゃんと、この日は近く(といっても車で1時間なので、北海道的には近いが他府県的には微妙?)の中標津(なかしべつ)に遊びに行くことにしていた。

中標津には、ずっとずっと行きたかった、とみちゃんの版画を展示した小さな美術館があるのだ♪
それこそ2年前のプチ同窓会の時に3人で初めて行った『牧舎』という場所。
酪農家の佐伯さんという方が、倉庫やサイロを改造して、ギャラリーやレストランなどを作っている。
その中にある、『荒川版画美術館』に、今はとみちゃんの牛版画が置かれているのだ!
南の島にいるときにその事をきいて、「それは是非とも行かねばなるまい」と鼻息荒くしていた私をとみちゃんが連れてきてくれた。

1枚目の写真がその『荒川版画美術館』。
サイロを改造した美術館だ。
中には、おおー!あった!!
とみちゃんの牛たち!
やっぱりすごいなぁ。

388(モデル牛の番号)は、このくらいの広い空間が居心地良さそう♪
版画を眺める人と、見つめ返す388との距離感。

この牛の毛並みや肉や骨の盛り上がり、この1本1本が彫刻刀で削りだした線だとは、うーむ信じられん(-_-;)

マジですごいのよ。
まだ見てない人は、道東に行ったら是非。
道道150号線、摩周湖中標津の観光スポット『開陽台』(見晴らしのすごく良い展望台)から養老牛の温泉に向かう途中にございます。
入場無料ですわよ。



『荒川版画美術館』とレストラン『牧舎』

北海道標津郡中標津町俣落 佐伯牧場内
by ushimaton | 2009-09-04 11:55 | はたけにっき

ようこそ不思議島

南の島で暮らしておりました1年9ヶ月、ほぼすべて携帯電話からの投稿で、写真も携帯のものしか載せられずにずっといたということで。

ちょこっとずつ、島の写真を紹介して行きまする。

…って、明後日にはまた札幌を出てしばらく留守にするので、次回のメドはたってないけど(^^;)

さあ。
おいでませ、南の不思議島。↓


こちらから

  上陸~~~!!
by ushimaton | 2009-09-01 00:14 | みなみにっき


気が小さいのに、珍しいものは好き。 道草を喰って、たまに反芻したり。 牛歩ではありますが。


by ushimaton

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

☆★うしまとん★☆

 生まれと育ちは北海道

 震災被災地にお手伝い
 行っております

 コメントの返事が
 とどこおりがちですが、
 嬉しくありがたく
 読ませていただいています

 自分のブログの更新する余力がなかなかなくなってしまいましたが、日々の報告メールをこちらに出しております。
災害移動支援ボランティアRera


 
☆★リンク★☆

うしのつむじ
 牛の版画
ひまわりの家から
 手作り&子育て(休止中)
シーラチャーからこんにちは
 タイ子育て日記(移動前)
モロッコ雑貨 リヤド
 モロッコ雑貨とフェアトレード
うさぎのなみだ
 珠玉のひとこと日記
寺田本家
 千葉のおいしい造り酒屋
++明け烏++
 創作小説&日記
彷徨う語り鬼たちの杜
 創作小説
カナダ大平原のファームからの便り
 カナダの牧場
Cowbell's diary
 北海道の放牧酪農
照長土井の長岡日記
 但馬牛
北海道発 真っ赤なトマト
 激うまフルーツトマト
酪農生活100
 新サイトもあります
花のまわりをあるく歌
 手作り&子育て
打弦人生
 ハンマーダルシマー
フィールド オブ ドリームス
 関東の放牧酪農
Nayaカレンダー
 珈琲・カレー・天然酵母パン
うしカメラ
 牛写真家の牧場訪問記


◆笑いでウルオイを◆

ほぼ日刊イトイ新聞「言いまつがい」
虚構新聞

お気に入りブログ

代官山駅前日記
空を見上げて
バイオマスおやじの日々
ちょっとだけ大根
AZUのサンへーブログ。...
そらまめ~北海道便り~
世界は知らない事ばかり
なかじまや

以前の記事

2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
more...

検索

ライフログ


ナヌークの贈りもの


ともだちは海のにおい


いのちの食べかた


神さまってなに? (14歳の世渡り術)


ムーミン谷の冬 (講談社文庫 や 16-5)


どうぶつさいばん ライオンのしごと


ことりをすきになった山


ぐるんぱのようちえん(こどものとも絵本)


HARD TO FIND Vol.2


あなたが世界を変える日―12歳の少女が環境サミットで語った伝説のスピーチ

カテゴリ

つらつら
気になること
おすすめ!
ともだち&チビッコ
自分のこと
うち
ウシ話
旅のそら
まきばにっき
ほたてにっき
はたけにっき
みなみにっき
東日本大震災

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧