<   2007年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧

おすごと

今週のマネバイトは、金曜と土曜。
大抵は土日の仕事なのだが。
今回は、先週面接を受けた別の仕事の勤務開始予定日が1日(日曜)からだったから、面接に受かったときのことを考えて日曜を死守したのだ。

でも、全く連絡がこねぇ。
面接や試験はそんなに悪い感じでもなかったけどなぁ…。「5月一杯まで延長するとしたら、できますか?」と訊かれた時に「半ばくらいまでなら、どうにか…」なんて言ったからっていうのもあるかも。
他の人も申し込んでいたしなー。
履歴書で胡散臭がられるし(^^;)

仕方なかね。また探そう。

で、今日はバイトであった。
今回もまたしてもビール系!
メーカーは、初めてのSトリー(笑)だった。

国際コンテストで最高の賞を取ったプレミアムビールと、お手ごろ価格でお買い得な、新発売の「第3の生」の推奨販売。
おっ、プレミアムビールのところに来たお客様を発見!
いそいそと近寄りながら声をかける。

「ただ今、Aサヒのプレミアムモルツのキャンペーンをしてまして…じゃなかった!(`д´;)」

お客のお姉さん笑う。
「間違えました。Sトリーのお仕事なのに、会社間違えちゃダメですよねー(^^;)」
などと取り繕って説明をし、お姉さんが悩んでいる時に、今度は第3生の方に近寄るお客が登場。
急いで歩み寄り、声をかける私。

「お客様、本日そちらのKリンのジョッキ生がお買い得になってますー!」

……ダブルで間違えた…(-_-;)

結局プレミアム買ってくれたお姉さん。
きっとすごく愉快だったんだと思う。
でも、もうちょっと落ち着け、自分。


ずっと一ヶ所に立っている訳でもなく、売り場をうろうろしながら販売をするのだが、ずっと歩く訳でもない。
いったい、どのくらい歩いているのだろう??と、常々疑問が湧いているところなので、明日はひっそりと万歩計をつけて計ってみようかな♪と思っている。
(毎回思っているんだが、今まで忘れ続けている)

万歩計は、以前健康体操教室の受け持ちをしていた(私が教えていたのではなく、先生を呼んで生徒を集め、教室の開催をしていた)時に、先生の勧めでみんな買ってつけていたので、私も買ってみた。
が、その頃着ていたガードマンのバイトの制服は男物ですごく大きくて、股上が深すぎて仕事中につけてもカウンターが動かなかった。ぶー。
しかもうっかり工事現場に落っことし、現場のおっちゃんに発見されて
「ダイエットか!?」とからかわれたりして(-_-;)

何歩くらい歩いているのかなー。

予測を立てて、正解にうんと近かった人(プラマイ100歩くらい?)には、あとからモンゴル土産をプレゼント~♪なんてどう?(笑)

私はねー。うーん…8000歩くらいは歩いてないかなぁ。と思うんだが…??
意外ともっと歩いていたりして?という気もしないこともない。
by ushimaton | 2007-03-31 00:26 | つらつら

ねがい

今日は32歳の誕生日だった。
家族で近所の居酒屋へ行き、ビールなどを飲んだ。

誕生日の当日に飲食店に行くとなると、何かしらいい事があったりするからと、私は抜かりなく生年月日の記された保険証(免許証とか持ってないから)を持って家を出た。

お店の入り口のパネルには…

f0032403_22121157.jpgおお!やりー♪
やっぱり、『誕生日の方にはサービスあり』の張り紙が!
うーん、誕生日が役に立つ、一年でたった一度の機会を逃さなくて良かった
(≧▽≦)ノ
早速、「今日誕生日です!」と保険証を見せた。
「ハイ、おめでとうございます。えー、特典として、キュウリの一本漬けとアイスクリーム、お好きな方をプレゼントいたしますが。」
……。
ちょっとでも誕生日っぽい方が良かろうよ。キュウリはちょっと寂しい…(-_-;)
「じゃあ、アイスクリームお願いします。」
「わかりました。では、アイスクリームが欲しい時にはお声かけてくださいね。」
「ハイどうもー。」
今日の締めはアイスで決まりだな。

ビールで乾杯して少したった頃。
コンコン、(さっきと違う店員さん登場)

「失礼しまーす。こちらお誕生日の、キュウリの一本漬けでーす!」
「…………。」
「…………。」
「あ…アイスの方でしたか?」
父母「…ん、まぁ、キュウリでもいいんじゃない?せっかくここまでして持ってきてくれてるし…。」
私「じゃあ、キュウリで…。」

誕生日特典、キュウリになりました。(笑)
みんなで(主に父母で)食べられたから、まぁいっか(-_-;)


話は変わって。
少し前に、こんな本を借りた。
バーバラ・アン・キプファー著 4001の願い
訳は…なんと、宇宙飛行士の向井千秋さんと旦那でお医者の万起男さん夫婦!!

f0032403_22293471.jpg『エスキモーになった日本人』、こと大島育雄さんの本を借りた時、ちょっと大島さんの事をネットで検索してみたのだが、たまたまその時にそのサイトで、向井万起男さんの事も特集していた。

私は10年くらい前にこの向井万起男さんの書いた『君について行こう―女房は宇宙を目指した』を読んで以来、心ひそかに向井さんご夫婦の大ファンになっているので、馴れ馴れしく「マキオちゃんだぁ!」と喜んでその記事も読んだのだが、そこでたまたま紹介されていたのが、この本だった。

私が人間として非常~に好感を抱いているこの二人。夫婦でありながら全く違ったタイプで、シンプルで透明感ある千秋さんと、自ら進んでフクザツな世界にフクザツに生きる万起男さんの、何ともいえないアンバランスなバランスが、たまらない。

日本でも5本の指に入りそうなほど多忙な“遠距離恋愛夫婦”、チアキちゃんとマキオちゃんが、共著で本を出したって!?
それだけで、読む価値がある本だとわかる(笑)

で、早速図書館で予約して、借りてみた。

不思議な本。
英語のタイトルを『the wish list』というらしい、この本。
本当に、ただただ『願いリスト』なのだ。

老若男女、様々な立場で様々に生きている人々が、
「生きているうちに、…したいなぁ。」「…なれたらいいな。」
と抱く様々な“願い”、それをリスト形式で、延々と書き連ねてあるだけ。

それだけなのだが、前書きや後書きでご夫婦が言っているとおり、『不思議な魅力がある』本なのだ。

f0032403_22511667.jpg願い事の中身は様々。
物理的に絶対無理でっしゃろ、という願いもある。例えば、歴史上の人物と会って話す、とか。
一方では、その気になれば今すぐにでも叶えられるようなささやかな『願い』。例えば、
車を急発進させる
スイカの種を飲み込む
テニスのサーブをマスターする
そのほか、叶うかもしれない、叶わないかもしれない、そんな願いがずらりと並ぶ。

はじめはなんとなく見ていたはずなのに、くすっと笑ったり、「あー、わかる!」とその願いを持つ人に親近感を覚えたり、読んでいるうちに自分の願いを思いついたり。

さらに読んでいくと、だんだん、ただの「もしもごっこ」を越えた、すごいことをしているのかもしれない、と思えてくる。
知らないうちに、自分で自分を分解して、気がつかなかった、あるいは複雑すぎて紛れ込んでいた自分の本質に、手を伸ばしているんじゃないか、と。
何のことはない。ただただ、他愛もなく「こうしてみたい」「こうなってみたい」と書いているだけ、なのだが。

読むまで、自分のやりたいことなんてそんなにそんなにはないと思っていたのだが、いやはや、ツボにはまる「願い」が思いのほかあること。

願いの数は4001、原著では6000もあるのだが、その中身のごく一部、

ちょこっとご紹介してみましょうか。こちらへどうぞ☆
by ushimaton | 2007-03-28 23:46 | おすすめ!

暴かれた秘密

昼ごはんを食べていたら、口の中に異物感があった。
覚えのない、しかし、それでいて覚えのある感触。
遠い記憶の引き出しから同じ感触がすぐに引っ張り出され、ギクリと口の動きを止める。

これは……。

注意して口から取り出してみると、うぅ、やっぱりだ(-_-;)
それは、奥歯にかぶせてあった銀歯…。
こうなってしまっては、すぐ行くしかない。歯医者へ。
歯医者は嫌だよ~。(T-T)

私と歯医者のおつき合いはかなり古く、小学校低学年くらいからお世話になっていた記憶がある。
当時行っていた歯医者は、院長さん(病院?)に何か確固たる信念がある所だったらしい。
院長以下、先生はみんな女の人。
まだ麻酔薬の危険性や弊害などが大きかった頃だったからだろうか、治療には一切麻酔を使わない。
虫歯になった乳歯を抜く時も、ペンチのような道具でいきなりズコッ!と抜くのだ。
歯医者、それは、まさに「痛い所」。
今思うと、ひょっとしたら痛い目にあわせることで、子供たちに「もう絶対虫歯にはなるまい」と思わせよう、という気持ちもあったのだろうか。
しかし、頭の悪いガキん子だった私は、そこまで発展させて物事を考えられなかった(もともと虫歯にはなりたくないか)。
高校生くらいになって近所の歯医者に行った時、初めて麻酔を使って歯を治療され、すごいカルチャーショックだった記憶がある(笑)

そんな歯医者履歴はあるが、麻酔を使おうと使うまいと、歯医者は痛い。歯医者は怖い。歯医者はキライ…(泣)
私たちのために、歯医者さんたちは大変な思いをして治療してくれているんだ。
そうはわかっていても、できれば行きたくないと思うのが人情(か?)

じたばたうだうだしていても仕方がないから、さっさと行ってきた。
7,8年ぶりくらいだろうか。

受付で問診表の紙を渡された。

 ★『今日は何の目的で来ましたか?』……えーと、『詰め物が取れた』に、○。
 ★『治療の希望は?』……1.『痛むところだけを直してほしい』
                  2.『悪いところは全部直してほしい』

ぬぬぅ、究極の選択ではないか!
悪いところは、そりゃあ全部スッキリする方がよかろうね、という理性の声と、詰め物が取れたところだけ直してもらいたいという心の声。
煩悶した挙句、1.『痛むところだけ』に○をした後で(痛んではいなかったけど)、矢印を引っ張って
特に悪いところがあったら、直してください。』
という腰抜けなコメントを書き加えた。

お医者さんは、銀歯が取れた右の奥歯の方はチラッと見ただけで、すぐにほかの場所に興味を奪われた。あっ、そ、そこは…( ̄口 ̄;)
「左の親知らず、痛みませんか?」
「えあ~、」…歯医者さんたちはどうして、口に指突っ込んだまま声をかけるんだ?
「痛みはらいんれすけど、らんか虫歯みたいら色してるらー、とは思ってまひた。」
一瞬で見抜かれた秘密(当たり前か)に、狼狽しつつそう答えたら、お医者さんが笑った。

私は今でもきっちり4本、親知らずを持っている。
生えてくる時、大して痛みもトラブルもなかったから、そのまま生やしていたのだが、左下の歯だけがどうも中途半端なところで止まっていて、物を食べれば必ず詰まるし、歯磨きも難しい。
歯磨きの時も気にしてはいたのだが、年月と共にじわじわと、気になる色つきになってきているのにも気がついていた。

「抜くのが一番いいでしょうが、見たところ歯茎が腫れていますね。そっちをまず調べてみましょう。」
口中をつつかれまくり、もうちょっとでヒーヒー言いそうになってしまう。
「奥歯の方が腫れていますね。このままだと歯肉炎が悪化してしまう一方ですし、次回お使いの歯ブラシ持ってきてください。磨き方の指導をします。」
恐縮です(-_-;)

「下の歯のクリーニングをします。」
なにか、じゅりじゅりと削る機械でキーンと歯の表面を削られた。
ちょっと痛いっす(>口<;)神経に響く~。歯茎にもどうしても触れちゃうし。ひーひー。

「ハイ、お口ゆすいでください♪」
ぶくぶく。ぺっ。
真っ赤。(-_-;)


銀歯はものの数分で元通りになったが、やはり思ったとおり、通院が決定してしまった。
痛くなる前に治療っていうのは、いいと思う。だけどやっぱし、イヤだ…(笑)
しかも次回は前歯の治療だ。前歯の麻酔って超痛くなかったっけ!?(ToT)

帰ってきてから、ちょっと怖くなって『歯肉炎』を調べてみた。
30歳から、歯の治療の原因は虫歯よりも歯肉炎のほうが多くなるんだって。
妹と一緒になって「カクレロー!」「モット、オクダー!」とか某歯磨き粉CMのプラークの物真似をやってる場合じゃなかったよ。
歯周病は怖い。みんなも勉強しよう。(^^;)
by ushimaton | 2007-03-26 23:46 | 自分のこと

赤子の背筋力

姪っ子は、昨日でちょうど4ヵ月。
今日は用事ついでに遊びに来た。

市内に住んでいるので、わりとよく会えているのだが、毎回成長ぶりには驚く。
この前、100日くらいに会った時は、もうジワリと人見知りが始まっていて、うちの父の評判がいまいち悪くてかわいそうだった(^^;)
すごくよく喋るようになり、ご機嫌にじたばたしながらひっきりなしに声を出していた。

…で、今日来た時には、もうすっかり寝返りをマスターしていたのだった!

f0032403_22382362.jpgいとも簡単にコロ~ン。
転がった後も、ぐぐっと頭を上げて、いつまでもはしゃいで手足を動かしている。

「すごい…背筋だな。」
へんな感心をする父。

「俺には絶対無理だ。」
「当たり前でしょ。還暦過ぎたおっちゃんとは違うよ。」
「ガーン……」

おしゃべりをしながらそんな陽菜を見ていたら、「うー」とか言いながら、ころーんとさらに転がって、仰向けに勝手に戻った。
「あ、初めて自分で仰向けになった!」
歴史的瞬間!(笑)

見ていると、さらにバタバタと裏表繰り返し、かなり元位置から移動した。
やるなぁ、陽菜よ。

転がったところの動画も撮ったので、見たい人は続きをどうぞ↓

ころがる赤子の動画コーナー、こちら。
by ushimaton | 2007-03-25 23:00 | うち

本日の評価

『身なり・服装』『挨拶』『接客態度』『声の大きさ』……オール、A
『販売数量』………D (-_-;)
コメント 『積極的に声をかけており、声も大きくハキハキしており、接客面に関しては
       素晴らしかった。販売数量的には苦戦したが、概ね良かった。』

ただし、前回とは違う人の評価…。
前回の方がお休みだったため。
ちなみに売れた個数は、前回よりはちょっとマシだった。


この前のことがあったので、より入念に準備をして…といっても、休憩の時に着る服をちょっと新しいのにして(仕事はジャンパー)、挨拶も微妙に気にしながらにして、販売の声かけも、普段はわざわざ行っても嫌がられそうなところの人(向こうで菓子パン選んでる人とか)にちょっと出張してみたり、というくらいしか出来なかったので、実際はそんなに差があったかどうかはアヤシイ…。
化粧本買ったくせにまだ読んでないし(笑)
ただ、今日は社員の方がお休みで、売り場担当のアルバイト(たぶん)の方が書いたので、その違いが一番大きかったのではと(^^;)

今回のお兄ちゃんは、ちょっと気持ち的なもの(一生懸命やってくれてるしなぁ、みたいなのとか)が入っていたのもあるんだろう。
私より先に勤務が終わる時、わざわざ挨拶に来てくれていたし。人が良いのだね。
だけど、前回の評価をくれたちょっと年上のベテラン女性も、すごく思いやりと気配りがあった。
ベテランらしい公正で甘えない目があったからの評価であったろうし、こっち(前回)の方が私の本当の能力と評価なのだと思う。

…でもちょこっと喜んでおこうっと(*´∀`*)(笑)

この前のお陰で気合も入り直したし、なんとなく「この程度でいいかな」みたいに考えがちなところに、いい刺激となったんだと思う。
(その割に、あまり変化はないんだけど… -_-;)

売れた個数が少ないと、次回の仕事をもらえないのではないか、と心配になっていたのだが、次回ももらえそうだ。っていうか昨日の面接の返事がなくて宙ぶらりんになっちまってるんだな(>_<)
by ushimaton | 2007-03-24 23:58 | つらつら

ご乱心!?

昨日も買い物に行ったのだが、今日も街まで買い物に出かけちゃった。
まぁ、ついでの用事もあったのだけど。

目的地のひとつは、先月みっちゃんが遊びに来たときに一緒にちらっと入った、アロマグッズのお店。の姉妹店。
あろま……
でも自分、アロマテラピーとか、どんなに流行っても全っ然興味はなかったし、アロマ関係のお店とデパートの一階化粧品売り場ははっきし言って、匂いの公害だと定義づけていた(笑)
イギリスのコメディ番組で、Mr.ビーンがデパートの化粧品売り場の香水や香料の匂いにむせこんで、最後にはほふく前進で通り抜ける、というのがあったが、ビーンさんの気持ちもわかる!

と思っていたのだが、歳をとって味覚が衰え、ストレートのウォッカを飲み激辛料理も大好きになったりもした延長で、嗅覚も鈍くなり(笑)一人暮らしの時には毎日のようにお香を焚いたりまでしていた。(本州のアパート、気密性が悪くてお香があまりこもらなかった)
ちなみに、すごく期待して買った『ココナッツ』のお香だけは、部屋中が気持ち悪く甘い煙に満たされて死にかけた…(-_-;)

かつてはありえなかったような種類のお店に本日乗り込んだ訳。
不安もイヤ焦るのもイヤ低空飛行もイヤ。明日の面接前に下痢するくらい緊張するのはイヤだし、明後日のマネキンもあるし。
なんてワガママ状態な自分、
「ひょっとしたらハーブティーとか香りとかに頼ると、ソフトに改善したりしないか!?」
と都合よく考えついて、はるばる出かけてしまったのだ。

f0032403_23222814.jpg金もないくせに、なんか色々買っちまったよ~(ToT)
どうしよう(笑)

昨日ネットであれこれ調べて気になったハーブ。
煎じて飲むと(ハーブティーと言え)、不安が抑制される、とか、気持ちが安定する、とか、記憶力が増す、とか、そういうおいしいいわれのある物ども。

さらに、『基本のメイク』なんて本まで買っちゃった…(>_<)

しかし、一番期待していたハーブ「セントジョーンズワート」は、実は薬との併用が危険で、服薬している人は飲んだら危ない、と、さっき知った…(T-T)

f0032403_23352510.jpgそしてそして。
ちょっと前から「いずれ買おう」と思ってはいたが、値が張る(2300円くらい)ので躊躇していたモノを、買っちまったんですよ。あーあ。
それは、『レスキューレメディ』。
この物体の事については色々と長くなるし、図書館で借りる予約をしているレメディーの本が数日後に届く事になっているから、後で書こう。
大雑把過ぎる言い方すれば、ハーブのエキスみたいなもん。(←あんまりか?^^;)

さらに、空き時間を埋めるためにやたらとぶらぶら歩いたせいで、他の店で結局アロマオイルなんてものに手を伸ばしてしまった(-_-;)
鎮静効果がやたらと騒がれている、ラベンダー。
記憶力が上がるとか新聞をにぎわせていた、バラ。

とりあえずラベンダーを試してみているのだが……
壮大な「おまじない」みたいなもんか!?(^^;)


買い物にも疲れて、空いた時間に持ってきていた本を少し読んだ。
相変わらず気になるのはこの人、森達也さん。持ってきていたのは、『世界が完全に思考停止する前に』という本だ。
まだほんの少ししか読んでいないのだが、ちょっとハッとなった。

アメリカがイラクへの侵攻を決めた頃。(この本には、その頃の事が書いてある)
私は帰国したてで、世界とのつながり具合が今とは違ったように思う。(日本にいると、海外のニュースや情報がすごく少ない(か、扱いが軽い)ように感じられる。)
途中で知り合ったヨーロッパなどの友人たちから送られてくる開戦反対の署名メールに、私も署名をした。不穏な空気に、老若男女だれもが不安を覚えている頃だった。
帰ってくるまで、世界中、当のアメリカでさえ、反対している人が大半という印象だった。が、日本は「いいんじゃない?」という空気が多かった。

人々を動かしている、漠然とした不安感。
それから逃げたくて、誰もがいつの間にか、安心できる集団に帰属しようとし、わかりやすい敵を作ろうとする。

…全然レベルは違うけど、社会から「浮いた」存在になることが怖くなり、自分の格好や世間の視線を意識してる今の私の心理も、無関係ではないような気がしてきた(笑)
すると湧き上がる、「それもおもしろくねえな」的気持ち(-"-)

やっぱり、一般や流行にもっと合わせなきゃとか悩むのは、ほどほどにしておこうかな(^^;)
by ushimaton | 2007-03-23 00:30 | つらつら

充電プラグ持ってコンセント探し

『大声な言いまつがい』シリーズ。

昨日の売込み中。
今回はKリンビール(笑)の新発売キャンペーンだったのだが、
「Kリンの新発売…」と繰り返して呼び込んでいるうちに、

「いらっしゃいませー!しりんの…」
と言ってしまった。

しりんの……きんはつばい!?(爆)


もともと全然関係なく焦ったり困ったりしょぼくれたりになりそうなのをぐっと押さえているところに、ちょっと嬉しくない仕事の状態が加わって、「勘弁してくれよおいおい。」なんて感じの悪い言葉を吐きたくなってしまうような状況…が気に食わないので、本日は気力充実日に充てる事にいたした。

買い物に付き合って、ショッピングセンターへ。
まずはお金を下ろして買い物するぞー、と思ってATMで残高確認したら、千円ちょっとしか入っていなくてビックリ仰天した( Д ) ゚ ゚
慌てて、マネ振込口座からお金を移動させる。
…またちょっとしょぼくれのタネが発生したが、敢えて無視無視(笑)

いとしのカルディで怪しい韓国麺などを買った(笑)
初めてお目にかかった謎の一品なので、食べたらレポート書こうっと♪
それから、昨日で急に不安度が増したため、「ちょっとは何か服を用意した方が良いかも」と、Uニクロ(笑)でシャツとカーディガンを買った。

とにかく、服を買うことが少ない自分。
10年以上も着ているような、しかももともと安物な服などに平気で囲まれながら生活している。
3K系な用事(笑)が急に入っても、5分もあればかなり完璧に(冬の防寒下着なども含め)準備できるだけのストックはあるが、少し改まった場に行くとかになると(年に数回あるかないか)、いつも「騙し騙し」になってしまう。
もともと「お高いお洋服を買う」とか「女らしいお化粧をする」とかに意味もなく反抗心をぶつけたくなってしまう天邪鬼子のくせに、
「そいつが俺のやり方~」
などと直す気なしでこきたなく生活してきていたりする(^^;)

以前、仕事の友達に「(下着の)Bラジャー(←この伏せ方が気に入っている。笑)を買う時の基準は何?」と訊かれ、「値段。」と答えたら、真面目な顔で
人類として、それはダメよ!」と、やけに壮大に叱られたことも(^^;)
その頃って、ショートから伸びてきた髪を束ねるのにただの輪ゴムを使ったりして、呆れた友達に髪ゴムを寄付されたりしていたくらいだったしなぁ(おいおい)

だけど、きっと、まもなくサタチと2歳にもならんとしている自分がこうしているのって、傍目には本当にただ「こきたないだけ」なんだよね、きっと。
なんて自己像にゆらゆらしたりなんかもしながら、とりあえず服買った。

f0032403_0145343.jpgそれから、近所の温泉に行った。

うちから車で10分くらいのところに、ナマイキにも天然温泉があるのだ。
しかも、銭湯の料金で入れる!

説明は忘れたが、温泉の発掘に関する市の条例だかなんだかが数年前に変わって、その頃に市内に温泉つき公衆浴場みたいなのがボコボコできた。
祝日ということもあって結構混雑していたが、ゆっくり浸かって満喫したぞー。
風呂上りには、ソフトクリームまで食べちゃったぞー。


モンゴルへの航空券は、暖かくなるにつれてどんどん高くなる。
最近ようやく出てきた、4,5月の格安航空券を見ていても、ため息しか出ないような上昇線で値段が上がっていた(-_-;)
だけど、北京行きなら半額以下である!と本日発見。
北京からなら列車で一泊だ。値段もそれ程高くない。
「でも中国ビザがなぁ。」と思ったら、いつの間にか『中国滞在15日間以内ならビザ不要』なんてステキなことになっていたと今日知った(@_@)
「ついでに中国旅行」なんて欲望を押さえ込む事ができるならば、これが一番安いかなぁ。
と、渡航費用にも少し希望の灯が見えてきた。

うまくいけば良いなぁ。なんかいろいろ。
フリーマーケットの売れ残り的人間まとん、とにかくやっていかねばな。


今日は春分だったのだね。
これからは、夜より昼の時間の方が長くなるなんて不思議だなぁ。
いや、毎年の事なんだけど。
by ushimaton | 2007-03-22 01:06 | つらつら

ゴールドで凹

本日も行ってきた(というか平日は珍しい)、マネ販売。

新発売のビールは、メーカー入魂の一品だ。
前日の説明会もかなり入念だったし、専用のPRビデオも観たし、資料の書類ときたらすごい厚さだった。

説明会の帰宅途中には、例によって「下調べ!」という口実で対象商品含む数種類のビールを買い込み、自分なりに真剣に飲み比べる。
酔っ払う前に翌日の準備などは済ませて(笑)

f0032403_22582544.jpg仕事の秘訣は、商品を好きになることじゃ。
どんな商品だって、長所が必ずある。
長所はどこか、に意識を向けて、そこを本気で褒めるようになればいいのじゃ。
こだわり抜いたアロマホップとやらの効果か、確かに心地よい香りとまろやかな苦味。
さすが、なかなかおいしいビールではないか。

出勤途中は受験生のように商品情報を何度も読み返し、お店での確認も念入りに。
箱でお買い上げの人のためのケースも引っ張り出してもらい、補充商品についても確認し、ガンガン売る気満々で仕事開始!!ちょっと早いけど、始めちゃおう♪
「いらっしゃいませ~~!」


……。
…売れない…(T-T)
いや、平日という事で、週末よりもお客は少ないっていうのもある。
しかし、予測に対して1割分くらいしか、商品が出てゆかない(ToT)
箱買いも、いない。
空回りのまま過ぎ行く時間。そして…
嗚呼、そのまま終業時間~。

結局、今迄で一番本数も少なかった。
何故だ!?話題性があっておいしいのに!!

そんな時に限って、報告書には店の方にサインだけではなく、『評価』をしてもらう項目なんてものが存在する…(-_-;)

書いてもらった評価欄を後で読んで、さらにちょっと凹。
5段階評価(A~E)なのだが、お店の方によほどの不満や悪意がない限り、DとEはまずない。
それどころか、今回は親切で感じのいい方だった。
で、評価。
『身なり』『挨拶』『接客態度』の欄が、B。
Aは、『声の大きさ』だけ…(^^;)
『販売数量』は、Cだった。

販売数量は仕方がないとして、『身なり』。
支給のジャンパーを着て黒いズボンとローファー。問題つけようがない状態のようでいて敢えて「B」をつけるという事は、どこかに引っかかるものがあったんだ。
確かに、自分、化粧すごいヘタだし。薄いし。仕事の時しかしないし。(笑 ダメダメじゃん)
髪も一生懸命ジェルなど使ってまとめたけど、確かに一般の女の子たちより、なんかみすぼらしい…。てか自分、人生でみすぼらしくなかった時期ってなくね!?
などと沸き起こる劣等感。帰り道、すれ違う若い女の子がみんなすごいキレイに見えてくる(笑)

『挨拶』も、誰とでも丁寧にしている気でいたが、何かがダメだったんだなぁ。
挨拶くらいは出来る人間だと思ってたのに…(いや、Bだから悪くはないんだが)
『接客態度』は…プロ中のプロな先輩たちには及ばないのは認めるから、これはうーん、大事だけど、今回の評価も仕方ないか(笑)
急いで話しかけるときはたいてい噛むし、今日は成果も少なかったし(>_<)

次は頑張るぞー!
って、どこをどう頑張ろう…(T-T)
化粧、どっかで習うか?(^^;)髪はどうしよう…なんか、自分が都会に出てきた田舎のねずみみたいに見えてくる。は~。

この数日間しょんぼり自分を騙して生活中だけど、今日は改善に貢献しなかったな(笑)

だって、この調子だとモンゴル費用、間に合わないし。
無駄に焦るばっかり焦るし。
平日の仕事意外と見つからない。今週一つ面接受ける事になってるけど。
しかも、面接受ける仕事もやっぱり似たような販売系だし。

更に、今日の帰りにもスーパーでまた飲み比べ用にビールを買いに行ったら、そのスーパーでは同じビールがすごく売れてた(T-T)

もう、今日はふて寝してやる。

で、土曜はもっと売ってやる(笑)
by ushimaton | 2007-03-21 00:32 | つらつら

日本一短い父からのメール

昨日、バイトが終わって携帯電話を見てみたら、メールが来ていた。

発信元は、父から。

f0032403_20124719.jpg
件名: く


本文: か


……。
そういえば最近、父はあまりの多忙に脳みそがついていけず、ちょっと意味不明行動をとっているような気がする…。
今日は久々にゆっくりしているはずだけど、何かあったんだろうか。
ちょっと本気で心配になってきた。

ひょっとして、外出中に急に具合が悪くなって、携帯電話で助けを求めようとしたとか。
でもすでに意識が朦朧として、こういうよくわからない内容を書くのが精一杯になってしまった、とか。
この前私も、眠いのに無理してメールを打とうとしたら、すごく単純な言葉もなかなか出せずにすっごく苦労したから、父も何かそういうのっぴきならない状態になっていたのか!?
(眠くて苦労したのはのっぴきならなくないか)

父に電話をかけてみるべきか、家族に聞いてみるべきか。
…でも、よく考えてみたら、このメールは午前中に来ている。
何かあったとしたら、その後誰からも連絡がないってことはないよなぁ。
じゃあ、これはなんだ??

次に浮上したのが、父からの謎の暗号メール疑惑。
調子に乗っておしゃべりでもして、その勢いで自分以外には良くわからないルールでメールを送ってきたのかもしれない。
これも、結構本気で解読に取り掛かってみた。

今日は妹が家にいるから、駅まで車を出してくれると朝言っていた。
そのつもりでいたけど、父が代わりに来る事になったのか?
つまり、

件名: るまを出すから

本文: える時俺にメールしろ

…ありうる。(-_-;)
でも変に解読してノッてあげるよりは、やっぱり約束通り妹に連絡してみようっと。
(妹に“仕事終わった”メールを出す)

(妹から返信)
『おとんが代わりに行くよ。』
…ぬぬぅ。ではあのメールは…。

迎えに来た父にきいてみる。
「今日、なんか変なメールが来てたけど。」
父「あー、あれな、ちょっと実験失敗で送っちゃった、意味のないメールなんだ。気にするな。」
実験??
父「メールの送信の時に一々アドレス帳開くの面倒くさいから、一回こっちからメール送信しとけば簡単になるかと思ったんだが、変わらなかった。」

実験でいったいどうしたかったのかはよくわからないままだが、なんだ、あれは全く意味のないメールかね( ̄口 ̄;)
最近父に私からメールしてないから、受信箱から「返信」ボタンでメールを送るのがやりにくくなっているらしい。


この記事自体もかなり無意味でしたとさ。おそまつ(笑)


f0032403_20365383.jpg
明日はとってもゴールドでゴージャスな新発売ビールのキャンペーンのお仕事なもよう。

頑張るっす~。

by ushimaton | 2007-03-19 20:46 | うち

アフリカの日

もう先週の話になってしまったのだが、家から帰ると郵便物がふたつ届いていた。

f0032403_20561429.jpg一つは、友達のまりちゃんからだった。
先月、私が動物園でカバとエランドの世話をしたという記事を読んで、なんと、エランドの干し肉を送って来てくれたのだ!!

まりちゃんは、もともとタイ女そよちゃん(笑)の大学の友達で、私が彼女と初めて会った場所はアラスカだった(笑)
そよちゃん、まりちゃん、みっちゃんと私の4人で、アラスカに住んでいた友達のところへ遊びに行ったのだ。

エランドの干し肉はアフリカのお土産だそうだ。一緒に、タンザニアのノートもくれた♪
うわぁ、憧れのアフリカ~☆
一緒に、モンゴルの牛の干し肉と、彼女が大学の人類学の研究で書いた、モンゴル調査レポートも入れてくれた。

f0032403_2117486.jpgこれが、エランドの肉!!
あのかわいいヤックルさんです…(^^;)
どれどれ?

おお、うまい!
真理ちゃんが言っていた通り、とてもよく出来ている。
レモングラスのような、柑橘系のさわやかなハーブ&スパイスがよく効いている!
肉の味は、やはり鹿肉系だ。
香辛料は何なのか知りたい!

続けて一緒に入っていたモンゴル干し肉を齧ると、こちらは今度は、もろ直球勝負の『肉』!
小麦粉をこねて作ったうどんに入れて、塩味をつけて食べたりしたなぁ。
懐かしいお味♪でも、日本にどっぷりの状態でこれを初めて食べたら、確かに野生の風味が強烈か…以前お土産でモンゴルの乳製品なんかを送ったりしたけど、引いた人もいたのかもなぁ…。
日本の発酵食品とかも、きっと外国で初めて食べた人なんかは驚くんだろうな。

モンゴルの遊牧民の家に1シーズン丸々滞在して調査をしたまりちゃんのレポートは、すごく面白かった。
その地の人々の、様々な習慣や行動の理由、言い伝えなども書いてあり、「へー!そうなんだー!」の連続だった。

ただなんとなく滞在するだけとは違い、数値に直された資料や行動の細かい解説。
だからこその『調査』なのだが、実際に調査をするということには、様々な難しい問題がともなうものなのだろう。
調査の資料になりうる内容というのは、調査される側にとってプライベートに突っ込んだものだったり、親しい人々にしか話さないようなことがどうしても含まれる。
純粋な学問的資料としての質問でも、相手に研究対象である自覚がしっかりなければ、不快がられたり誤解を受けたりという事もあるのだろうなぁ。
調査対象は人間であるがゆえ。
そして、調査する方だって人間である、ということ。

調査の結果だけを見て「面白い♪」と言ってしまうのは、なんとなくオイシイとこ取りのようなすまないような気持ちにもなったり(^^;)
色々と考えつつも、興味深く読ませていただきました次第。ありがとう☆


f0032403_21503351.jpg
で、同じ日に届いていたというもう一つの郵便物は、なんとアフリカからのエアメール!
送り主は、ただ今旦那さんの実家であるセネガルに行っている友達、ゆきちゃんだった。
もうかれこれ7年くらい、ずっと行きたがっていたアフリカの地に、ついに行けたんだね。良かったねー(*´∀`*)

「予定は全然決めていない」というこの旅、いつ帰ってくるのかはわからないけど、帰って来たらいっぱい話を聞きたいなぁ。


そんな訳で、その日はすっかりアフリカな一日になっていたのでありました。

ゆきちゃんもエランド肉、食べたかな(笑)
でもお腹壊しちゃっているって書いてある…。
by ushimaton | 2007-03-15 22:12 | ともだち&チビッコ


気が小さいのに、珍しいものは好き。 道草を喰って、たまに反芻したり。 牛歩ではありますが。


by ushimaton

プロフィールを見る
画像一覧

☆★うしまとん★☆

 生まれと育ちは北海道

 震災被災地にお手伝い
 行っております

 コメントの返事が
 とどこおりがちですが、
 嬉しくありがたく
 読ませていただいています

 自分のブログの更新する余力がなかなかなくなってしまいましたが、日々の報告メールをこちらに出しております。
災害移動支援ボランティアRera


 
☆★リンク★☆

うしのつむじ
 牛の版画
ひまわりの家から
 手作り&子育て(休止中)
シーラチャーからこんにちは
 タイ子育て日記(移動前)
モロッコ雑貨 リヤド
 モロッコ雑貨とフェアトレード
うさぎのなみだ
 珠玉のひとこと日記
寺田本家
 千葉のおいしい造り酒屋
++明け烏++
 創作小説&日記
彷徨う語り鬼たちの杜
 創作小説
カナダ大平原のファームからの便り
 カナダの牧場
Cowbell's diary
 北海道の放牧酪農
照長土井の長岡日記
 但馬牛
北海道発 真っ赤なトマト
 激うまフルーツトマト
酪農生活100
 新サイトもあります
花のまわりをあるく歌
 手作り&子育て
打弦人生
 ハンマーダルシマー
フィールド オブ ドリームス
 関東の放牧酪農
Nayaカレンダー
 珈琲・カレー・天然酵母パン
うしカメラ
 牛写真家の牧場訪問記


◆笑いでウルオイを◆

ほぼ日刊イトイ新聞「言いまつがい」
虚構新聞

お気に入りブログ

代官山駅前日記
空を見上げて
バイオマスおやじの日々
ちょっとだけ大根
AZUのサンへーブログ。...
そらまめ~北海道便り~
世界は知らない事ばかり
なかじまや

以前の記事

2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
more...

検索

ライフログ


ナヌークの贈りもの


ともだちは海のにおい


いのちの食べかた


神さまってなに? (14歳の世渡り術)


ムーミン谷の冬 (講談社文庫 や 16-5)


どうぶつさいばん ライオンのしごと


ことりをすきになった山


ぐるんぱのようちえん(こどものとも絵本)


HARD TO FIND Vol.2


あなたが世界を変える日―12歳の少女が環境サミットで語った伝説のスピーチ

カテゴリ

つらつら
気になること
おすすめ!
ともだち&チビッコ
自分のこと
うち
ウシ話
旅のそら
まきばにっき
ほたてにっき
はたけにっき
みなみにっき
東日本大震災

タグ

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧