カテゴリ:ほたてにっき( 41 )

ホタテフィーバー

牛乳フィーバーのあとの高菜フィーバーのあとの世界一周フィーバー(笑)のあと…と、谷川俊太郎のことば遊びのように(?)続いた本日、

ピンポーーン。お荷物でーす!

f0032403_2250164.jpg

ジャーン!!
うっひゃ~~!(@0@)

夏に働いていた羅臼の漁師さんから、ホタテが届いた!
でっけ~!まだ生きてるー!
比較に携帯を置いてみたけど、わかるだろうか。

f0032403_2254938.jpg
なんとなく、おみやげに持って帰ってきていたピンピンヒラヒラのベビーホタテの殻を横に置いてみた(笑)

大きくなったね、君たち…(誤)
って、もちろん夏に私たちが世話をしたベビーたちとは違う。
たぶん4年ものとかなんだろうなー。
こんなに大きくなるのだねぇ。

お礼の電話をして、久々におばさんと話をした。
元気そうでよかった☆
私が仕事を終えて帰った後、猛烈な低気圧が北海道に来た。道内各地でホタテの養殖網が大きな被害に遭った、と報道されていたので心配していたのだが、幸いにも大きな被害はなかったらしい。

「今年はなんだか異常気象でね、流氷も来ないんでないべかって心配してるの。あんまり来るのも困るけど、流氷にはホドホドに来てもらわないと困るからさ。」
「流氷が来ないと困るんですか?」
「うん、プランクトンがね…。」

そうか、ホタテの餌は植物プランクトン。
そして、流氷の下は栄養分の宝庫だって聞いたことがある。
ホタテの養殖に、流氷が実は関係していたのだねー。なるほどー。

まだ生きているホタテ。とったばかりなんだ。つまり、こんなに寒いのに、船に乗って海に出て、冷たい水をさわって仕事をしてたんだ、みんな。


f0032403_233448.jpg
さっそく開いてみた。(父が)
でっけー身だなぁオイ!
こんなにでっかい貝柱って見たことないかも。

刺身と、網焼きにしてみた。
普通の日?にこんなご馳走を何気なく食べるのももったいないような気もするが、新鮮なうちに味わうのが一番だ。

それにしても、こうして振り返ると今年の秋の食生活、海の幸のなんと充実していた事よ…。
それ以外の時は、みっちゃんの家でサンちゃんの幸満点だったし。

f0032403_2385669.jpg
バターなんかも乗せてみたりして。

やばくね?まじやばくね?
(↑今年の私の流行語トップ3に入るな)

いやはやいやはや、おいしゅうございました。

ホントにおいしいし、何よりこうやって送ってきてくれたってだけで、世界で一番のホタテなのであります。
ただの短期バイト(しかもちょっと強引に申し込んだ)だったのに、仕事の上でもあんなに良くしていただいて、終わって帰ってきてからもこんなに…(T-T)

いまだに肩に残るホタテ筋(仕事で使った肩の筋肉。腕を上げると今でも肩に筋肉エクボが(笑))を大切にしないと(^^;)
内臓脂肪を増やしてる場合じゃないぞ、自分。
by ushimaton | 2006-12-26 23:29 | ほたてにっき

夕日のある町へ

f0032403_17523364.jpg

f0032403_17523311.jpg

f0032403_17523381.jpg

うう、記事書きかけのまま、忙しすぎに日々過ぎ行く…。
まず横断道路話を完成させよう。

1日待って今度こそ出発!の日。雨も風もない、申し分ない良い朝だった。
「昨日からおにぎりづくしだね」と笑いながら、また弁当用のおにぎりを握る。昨日はおにぎりをしっかり作った後で雨が降り始めたので、その後の食事がおにぎりだらけになったのだ(-_-;)

おばさんにお別れを言って、何度も「気をつけて」を言われ(^^;)、来たときと同じ、いまだにトウキビの微妙な香り漂うおじさんの車で出発した。
毎日通ったおかげですっかり見慣れた道。さらばじゃ。
麓から横断道路を約4キロ登った所にある、例のそこはかとなく愉快な露天温泉「熊の湯」前まで乗せていってもらった。
ありがとう親方!お世話になりました!

で。
ここから、私ひとりの半島横断スタート!

親方の車を見送って、リュックをきちんと背負って、あと1ヵ月かそこらで冬季閉鎖に入る半島横断道路に踏み込…ん?
熊の湯の道路を挟んで向かいは、以前私がお世話になったり突風にもまれたりした野営場なのだが、見るとなんか立て札が入口を塞いでいる。
『ここに9月25日ヒグマが出没したので、当分の間閉鎖します。』
ひょえー(@_@)ちょっと前やん!!
いきなり不安な…(-_-;)
道路なら、昼間はそれほどクマの心配はしなくて大丈夫、と言われていたが、まだ早朝で通る車はゼロ。
小鳥のさえずり響く心地よい山道…は良いが…(-"-;)

ひんやり涼しい微風が吹く中を少し登ったら、熊笹が背丈より遙か高く茂って道にせり出した一帯が現れた。
都会なら変質者に警戒する所だが、ここはヒグマがまじめに怖い。
つい、パンパン!と手を打ち鳴らして確認してから通ってしまった(^-^;)

さらにしばらく歩くと、道の反対側の笹藪の奥がバキバキッ!と音を立てて揺れたΣ(@_@)
大きな生き物が歩く気配そのままに、断続的にガサッ、パキッと揺れる。
「熊か!?(ちょっと見たい)」とドキドキしながら息をひそめて観察。現金なもので、距離があると、見たい(笑)

ガサッ。
あ、見えた。
シカでした(^^;)

さらにしばらく歩く。じっとり汗ばんできた。
道の脇は、熊笹の上をダケカンバ(高地などに生える、ヘソ曲がりの白樺みたいな木)が茂る、いかにも知床な景色だ。
結構歩いたなあ。3分の1くらいは来たか?と思っていた頃、標識が見えてきた。
『峠 1合目』
ガビーン(-д-;)

天空を歩くみたいな、かなりな難所だったと思われる断崖に張り付いた高ーい陸橋を歩いた。
谷間の遙か先には少しだけの海と、R臼の海が見える。
考えてみれば、大変とかゆるくないとかみんなに心配してもらったが、今のところ体的にはホタテの方がずっとしんどかったぞ。ホタテのふるいをジャカジャカかけながら、一服休憩の時間まで体をもたせることを目標にして、筋肉にムチ打ってジャカジャカやってたっけ。
それなら今の方が余裕なんじゃない?と自分に暗示をかけつつ、いつも一服休憩している時間に合わせて休憩した。
遠くに羅臼岳が見えるいい眺めは結構だが、汗が冷えると寒い。手もかじかんできた。気温がいつの間にか下がってきていた。

しばらく行くと、またもや笹藪がガサガサパキパキいっている。
前と音の感じが違い、一足に重量感がある。なんだか余計な音も混ざっている。
立ち止まって耳を澄ませば、藪の音と鳥の声しかしない。
目を凝らすと…見えた!
藪の間から、雄ジカの角が…(-_-;)

なんてヒグマの存在を恐れながら、「うーん、ヒグマは人間にとって必要な存在なのかもしれない。」と思った。
自分の命を脅かす生き物の存在を感じると、何だかとても謙虚になる。
昔の人が自然に敬意と畏怖を持っていたという話も、なんだか体感としてわかる気がした。
天敵が全くいなくても道に迷わない程には、人間はできた存在じゃないのかもなー。
なんてつらつらとりとめなく考えるのも、こういう一人歩きの醍醐味か!?

目を上げると遙か先の断崖に小さくなってずーっと延びる道と、その向こうの断崖にさらに小さく延びる道が見えるので、なるべく見ないようにしててくてく歩いた(笑)
気がつくとそんな道も、今の自分の足の下。
そんなこんなで、やった!着いたぞ峠!(^O^)/
車が沢山止まっている。人も沢山いる。
…しかし、古いトイレ以外何もないぞ(-_-;)手もかじかんでうまく動かない。
バスの時間もずっと先。
これは…峠から先も、ここで震えながら2時間も待つくらいなら、歩いた方がマシだ。

遙か先のR臼の海のカケラは、この先はもう見えない。
さようなら、R臼。
で、仕方ないからてくてく歩いて下り始めた。

峠の反対側になった途端、日差しがまぶしいくらいに雲がなくなった。
遠くには青々した海が見えている。気持ちがいい。
が、登りの時に比べてヤル気が低い分(笑)、疲れが大きい。足の裏がアスファルトに疲れて痛くなってきて、「今なら誰かが麓まで車に乗せてくれると言ったら、あっさり喜んで乗るな。」などと思ったりしながらも、R臼に比べて穏やかな気候の明るい道を歩き続けた。

一人で歩いていると、車では気づけないものを楽しめるのがいい。
鳥の鳴き声だとか、笹藪の音にビビったりとか、何十もある小川のせせらぎを堪能したり、車にひかれた生き物をリアルに見たりとか。

で、ついに午後2時、麓のネイチャーセンターまで無事に到達!
くたびれた~(+_+)
でも楽しかった!

もうこれ以上歩きたくないぞ。5キロくらい先の市街地まではバスで行くぞ。と思いながら、ついセンターからの散策路を2キロ程歩いてしまった(^-^;)バカだ自分。

見上げると、懐かしい知床連山の姿。それが見られたのが、たまらなく嬉しかった。
朝日の素晴らしい町から、夕日の見事な町へ。
民宿の窓の向こう、アイヌとオホーツク文化の民族の伝説残る岩場に、日が沈んでいった。

夜はちょっと高い缶ビールを買って、一人ひっそり祝杯を上げた。

ああ、良かった!(^o^)
by ushimaton | 2006-10-07 17:52 | ほたてにっき

あわわ

f0032403_12084.jpg

f0032403_120853.jpg

書きたいことが多すぎて、しかしくたびれて書ききれん(-_-;)

とりあえず!
無事に半島を横切って、ただ今ウトロでございます(^O^)v
日記はおいおいということで、まずは報告でした♪
ひとまず、おやすみなさい(笑)
by ushimaton | 2006-10-05 01:20 | ほたてにっき

最東端の待ちぼうけ

f0032403_17274365.jpg

朝目覚めると、心配していた雨は降っていない。
やった♪いけそう!
…と、台所でお弁当用のおにぎりを作っていたら、
「まとんさん、雨だ!」
なにぃ!?(@_@)

みるみるうちにザーザーと雨が降り始めた。
なんてタイミング(T_T)

天気予報を見ると、
「…昨夜から降り続いた雨もほとんどの地域で止み、現在降っている場所でもあと2時間ほどで上がるでしょう。」
朝7時には家を出る気満々でいたのだが、少し遅らせて様子を見ることにした。

…止まない(-_-;)
予報なら8時過ぎには上がっているはずなのに、9時になっても10時になっても、止まない。
11時になっても止まない。
ついに、お昼になったが…止まない(T_T)

ここは北海道でも最東端の半島だ。いや、ホントの最東端は根室の納沙布岬だが、その北で同じくらい最東端なのだ(笑)
雨雲は、西から来て東に抜ける。つまり北海道で一番最後まで雨が降るのが、この辺り。というか大抵は日本列島の南西から北東に抜けるから、日本で一番最後だったりもする。
「台風がやっと過ぎましたねぇ!」とかテレビで言っている時にゴーゴー吹き荒れていたりする。
「道内で夜降り続いた雨」が、ここでは今朝始まったのだな、つまりは(-_-;)

すっかり荷造りも終え、持ち歩くのに邪魔な荷物は送るべく昆布箱に詰め、本もその中にしまってしまった。ああ退屈。
雨が今止むか今止むかと気にしながら、手持ち無沙汰に座っているのは、なんともアズマシクない(落ち着かない)。

結局、昼まで待ったところで、出発は明日に延期(+_+)
バスでなら簡単に行けるのだが、一昨日あたりからすっかり「歩いて峠~♪」と盛り上がっていたので、なんだか歩けないとなると「つまんねえ!そんなんダメだい!」という気持ちになる(笑)
観光船も結局出ないことになったし(T_T)

朝食を食べていたら、親方が給料袋を持ってきた。
実は、最後まで一度もはっきりした給料のことを質問しなかった。
はじめに電話で「だいたいこのくらい渡してる」という話はきいていた。その時給金額にも幅があって、ベテランさんと短期バイトの差だろうという予測はついたし、それでなんとなくの金額の計算はできていた。
で、親方が持ってきた明細を見てビックリ(@_@)
思っていたより多かったのだ。
ベテランさん達と同じ金額をいただいていた。

「一生懸命で、ずるいところがないから。」
あああ(T_T)ありがとうございます~!!何よりまずその言葉が嬉しかった!!
いや、お金も嬉しかったけど(^_^;)かなり困窮していただけに(笑)
ずるいところがない、なんて、この家の皆さんにこっちが言いたい。誠意のある扱いをしていただけて。
ありがたい形で最後に驚きをもらったよ(T_T)

親方達、時給制といいながら、計算を聞いてみると、わざと時間を少し多めに計算して、みんなに給料を払っているのだ。
一緒に働いているデメンさん達は色々。夫と若く死に別れ、子供と姑を養っている人、病気を抱えつつ独りで暮らしている人、子供の進学で都会に送り出さなくてはならない人などなど、みんな実は結構大変。
それをおくびにも出さず、むしろ「夫ない身は気楽だからな~!」などと冗談にしてしまう辺りがすごい。
そんな肝っ玉母ちゃんたちを、こっそり応援している親方達も、きっといつか良いことがあるに違いない。
だからみんなもあんなに真剣に働いていたのかもね。

…あ、やっと雨が上がってるぞ。
(しかしまとんのイキはなんか下がった)
by ushimaton | 2006-10-03 17:27 | ほたてにっき

終わった!

f0032403_20394543.jpg

今日は昆布が指に刺さって驚いた(@_@;)
磨いていたら、よく乾燥した昆布の切れ端が勢いよく指にザクッと刺さり込み、ポッキリ折れて、トゲと全く同じ状態になってしまった(-_-;)毛抜きを持ってきて、かなり苦労してようやく抜けた。
昆布って…刺さるんだ(笑)

さて、
ついについに、昆布も本日で終了~!!
これで、ここでの仕事が全て終わったことになる。
やっぱり、安堵と寂しい気持ち。でも本当、最後までできて、みんなともニコニコしてお別れができたのは、とてもホッとする(-.-;)

「実は、歩いて峠まで行こうかと思ってるんです。」
と私が発言したがために、今日は一日中、昆布を切りながら話題はその事ばっかりになった。
「バスで行けば?」
「峠まで送っていくよ?」
「いや…紅葉もいい頃だし、せっかくだから、歩いて行きたいと思って。熊の湯くらいまで送っていただいて…。」
「上まで車で行って、下りを歩けばいい!」
「いや…R臼を歩きたいんですよ。」(峠からは隣町になる)
「したって、ゆるくないんでない?」
「はい、もしバテたらすぐ、バスに乗っちゃいます♪」
「んだなあ。田舎のバスだから、バス停に行けなくても手ぇ上げれば停まってくれるから、間に合わなかったらそうすれ。」
「おにぎりいっぱい作っていきな。」

そんな話をしているところに、実家が隣町の民宿とかいうKさん登場。(Kさん一家はこの町に住んでいる)
「K君、まとんちゃんば民宿に泊めてやれ。空いてるか?」
「は!?(?_?)…知らない。実家の方がどうなってるのか俺全然…」
「いい、いい。わっちが電話してやる。」
気がついたらもう、おばさんが電話で話をつけてくれていた。Kさんに話す意味ゼロでしたな(^_^;)
「K君に民宿まで乗せて行ってもらえばいいんでない?」
「…えーと…」
「だから、まとんちゃんは歩きたいんだって。」「そうか。」
「熊の湯までなんて言わずに、5合目くらいまで連れてってもらえ。」
「5合目まで行くんなら、頂上まで…」
「だから、まとんちゃんは歩きたいって言ってんだから!」

…うーん、エンドレス(笑)

ともかくも、明日はそんなわけで横断道路を歩いて、少なくとも頂上くらいまでは行ってみたいなあと。
きつかったら、途中から、1日4本走っているというバスに乗ってしまおう♪と。
ただ天気予報が今ひとつなんだよなあ(-_-;)


思っていたよりもずっと、中身の詰まった楽しい1ヶ月あまりになった。
やっぱりこれだけわずかな期間だと、ちょっぴり顔を突っ込んですぐに引っ込めた、みたいなものだが、それでも住み込みでしかもこの道何十年とかのデメンさん達との仕事だったから、1ヶ月ばかしの割にはナカナカ漁業漁業しい(笑)体験ができた気がする。

浜言葉もかなり理解力がついた。
今日は、道南出身スーパー浜言葉のデメンのおばちゃんが、ものすごい話題(さすがにここにも書けない!)で長いストーリーを話していて、みんなが腹を抱えて笑い転げていたのだが、9割方は理解できた自分に妙に満足感を覚えたぞ。

毎日のおいしい魚介攻撃も受けられなくなるのだなあ。
とれたてのサンマの刺身がうまかった。あ、そういえば「牛負けた」の話をすっかり忘れてたな(^_^;)
今日のイカ刺しも甘かった。昨日のホタテのフライも…(続く)

まあ、短期間だからこそ楽しめた、っていう部分もあるのだけど。
都合悪い部分は首突っ込まなくていいとか、少しだけ住んでるだけだと他人事で済むものもあったりとか。

さっき夕飯で「最後なんだからシッカリ食べな!」と、よりどりみどりの食事をたっぷりいただいた上に、モチが3つも入った雑煮をいただいて、腹が重くて死にそうっす(+_+)ふ~ふ~。

さて、気持ちが軽くお腹は重たくなったところで、明日はどんな一日になることやら…。

写真は、記念に拾い歩いたちびちびホタテの貝殻コレクションであります。
きれいに洗うのに、割ったり穴をあけたりしてしまった自分の不器用さに苦笑しまくりだったよ。
by ushimaton | 2006-10-02 20:39 | ほたてにっき

カウントダウン

f0032403_20493612.jpg

倉庫で、昆布の汚れを歯ブラシでこすっていたら、ワイワイガヤガヤと話し声がして、一番末のぼんずが幼稚園姿で入ってきた。今から送ってもらうところらしい。
それから、幼稚園仲間の保護者らしき男の人。
「イヤーイャ、時間間違えたってか!?」とかなんとか話しながらドカドカ登場した。
デカい声。日に焼けた顔。パンチパーマ、ねじりハチマキに無精ひげ。
『漁師のオッチャン(イメージ)』というやつを本当に実体化したような漁師のオッチャンぶりだ。
心中ひっそりと感心した(笑)

私がシャカシャカ昆布をこすっているのを少しの間眺め、
「俺もここ横んなって、歯磨いてもらおうかなぁ。ガハハハハ!」
話す中身までイメージ通りだ。やるな、オッチャン。
ここまでイメージ通りなら、続くセリフは…
「でも俺アレだな、そのベニヤの台より、膝枕の方がいいな。ガハハハハ!」
ブラボーおっちゃん!あなたはホントに現実の人?(笑)

おっちゃんはその後、家の人とタバコをふかしながら魚の話などをして、それから幼稚園の遠足の支度をしているお嫁さんに
「今日は長袖だら暑いぞ。その青いハンモックの下に半袖着せれ!」
と言って去っていった。
それをいうなら“スモック”、幼稚園のスモックだ、オッチャン。でもオッチャン的には、間違ってるけど合ってるぞ。
それにしても誰も突っ込まないのは何故なんだ!?

たった一人こっそりとツボにはまっていた私だった。

などというのは余談で。っていうか私の文章は余談だけでできているようなもんだけど(^_^;)

人間の体は不思議なもので、ホタテでよく当たって硬くなるばかりだった部分の皮膚が、使わなくなったら2日くらいでカサブタみたいになってはがれかけてきた。
で、水を使いながら昆布を磨いているので、洗ってもお風呂に入っても、手が昆布ダシで煮つけたようなコクのある香りをほんのりと放っている。

さてついについに、終わりが見えて参りました!
大抵、仕事納めまでのカウントダウンというのは、一週間くらいから(場合によって1ヶ月とか前から指折り数え(笑))感慨深く「あと5日、4日…」などと数えていくものだが、ここの場合は「2、1、0」か「1、0」か、という感じ(^-^;)
今日の終了時の予測では、どうやら、あと1日で何とかなりそうな気配だ。
つまり、明日で終了!

そんなわけで、「しばらくゆっくりしていけば~?」などとも言われたが、明後日の朝には出発することに(さっき)した。
ホントに明日で終わるか、明日にならなきゃわからないんだけど(笑)

今週末に友達の結婚パーティー(二次会から参加)と翌日の法事が待っていて、それまでに帰宅することにしたので、あまりあちこち行く日程はない。
峠を越えて、半島の反対側をふらついて、それから隣の昔お世話になった町に顔を出して、あとは帰路につく。

昆布を磨きながら、なんとなくそういう予定をたてている、という話をしたら、デメンのおばちゃん達に訊かれた。
「Uトロ(笑)で民宿さ泊まるの?」
「はい、そのつもりです。」
「K君(ホタテで一緒に作業していた人)の実家、あそこで民宿してるんだよ。」
「そうだ、あすこさ泊まればいい!連絡してやっから!」
「そうなんですか!?(@_@)」
「観光船(半島の先まで行ってくる船)は乗らねえの?」
「はい…結構高いから乗らないつもりです。」
「乗ればいいよ。わっちの娘の旦那が観光船の船長してるんだ!連絡しといてやる。」
「えっ!そうなんですか!?(@_@)」

おお!?なんだか思いのほか、いろいろありそうな感じよ。

写真は、昆布のヒレかり(ハサミで両サイドを切り取る)をしている、メンバーで一番のベテランさん。
もう70に届くというのに、身のこなしの機敏なこと(*_*)
いつも色々と気を遣ってくれて、気持ち的にも助かりましたわ♪
by ushimaton | 2006-10-01 20:49 | ほたてにっき

サクラと海

f0032403_20221869.jpg

昨日の補足。

モザイクがかかったような微妙なピンヒラ動画だが、どうやら再生できてるらしいコメント♪
わーい(^O^)ってだからボケボケなんだって(-_-;)

解説を付け加えると、映像の勝負は始めの5秒!最初がいきなりクライマックスだ(笑)
同時に10カ所くらいでチビ玉が跳ね回っております。ユラユラゆれる水面の下をそーっとのぞいて見てみれば、保育所を出されたホタテが、みんなでお遊戯しているのであります。
勢い余って、水と一緒にこぼれ落ちるものもいる(^^;)
…やっぱりわからなかった方は、ぜひ実物を見に来年の9月、ホタテ養殖にどうぞ!(なげやり)

白状すれば、レンズに水滴か何かが付着していた模様( ̄口 ̄;)同じ時に撮った写真がみんな、ムーディーなソフトぼかし写真になっておりました(泣)
撮り直そうにもホタテはもうなし(T_T)


さて、本日で9月も終わり。
昆布はあと2、3日とみた。
なんだかんだ言って1ヶ月以上働かせてもらっております。
今は昆布についた汚れをひとつひとつブラシで落とす作業中。製品になるまでに、いろんな作業が必要なのね。

「あ~、サクラが出てきたね。」
「今年は多いんだわ。海の中に増えてるって事なんでないの?」
「また、いい昆布にばっかしつくんだわ。」
……サクラ??
「サクラって何ですか(?_?)」
「ホラ、これ。」
見ると、昆布の表面に直径6、7センチくらいの、確かにお花模様みたいな形にはっきりと色の薄い部分がある。
「ヤスデが張り付いて、なめるんだか食べるんだかわからないんだけど、こんなにするんだわ。前はめったになかったんだけどねぇ。」

ヤスデとはヒトデのこと。
今扱っているのは養殖ではなく、天然昆布。
海底に生えているから、ウニやヒトデなどに食べられてしまうのだ。
例年の半分くらいしか穫れなかった上に、そんな変化もあったりして、海の中でどんなことが起きているのかのう?
因果がハッキリ見えないのがまた、漁業の特徴なのかも。

家の裏手を見たら、鹿が3頭も来ていた(@_@)
…と報告してみたが、みんなあまり気にしない。鹿も、一応それとなくこちらを警戒しつつも、足元の草を食べ続ける。
私以外にはまったく「日常」な訳だね(^^;)
ほらね、「防シカネット」役に立っているでしょ?(小さい写真ですんません)
とか言いつつ、実はネットの内側にも頻繁に侵入されていたりする。
「菊を食べられた!」とおばさんが嘆いていた。仏花の入手が、この辺りの人々のちょっとした悩みの種なのだ。

エゾシカは、夏の間だけ背中に白い水玉模様の毛になる。
今日見たのは、なんだか微妙にブチが消えてきて、黒っぽい毛並みになっている鹿たちだった。
生え変わりの時季かな?

ちなみに、写真は本当に家のすぐ裏なのだが、小さな庭の向こうはもう鬱蒼とした森とかなり険しい急斜面。まずほとんど人は入らない。
考えてみると、ここでの人の生活範囲、鹿よりずっと狭いのだなぁ。
by ushimaton | 2006-09-30 20:22 | ほたてにっき

動け!ピンヒラ


確か、エキサイトブログは携帯(au)からの動画の投稿を受け付けるとか書いてあった気がする。
ので、この前撮ったチビホタテの動画を添付してみた。
果たして見られたか!?

しかし、肝心の動画そのものがわかりずらい(-_-;)
浅い水槽(底がネット)に置き去りにされたチビホタテどもが、昼休み中にピンピコ泳ぎ回っていたのを撮影したのだが…。
なんか画質がモヤモヤな上に、後ろで発電機&ポンプが動いているので、雑音がひどい~(=_=)

むやむや虫に続いての今ひとつ画像(泣)だが、もし再生できたら、3回くらい見たら、水面下で泳ぐホタテどもがわから…ないかな(^_^;)

送る本人がPCで確認できないから、責任もたないぞ逃げろぴゅ~!(笑)
by ushimaton | 2006-09-29 20:11 | ほたてにっき

風オバケ

f0032403_2045657.jpg

ものすごいうなりの音で目覚める。風と波だ。
ゴーゴー、ドドン、窓に何かが当たってパチパチ、扉が風圧でガタガタ。何かが外を転がってガランガラン…。

海はウサギも演歌歌手も逃げ出す大荒れだ。これじゃ十五少年漂流記かポセイドンアドベンチャーだ(観たことないけど)。
この荒れようでは、船は何日かは出せない。浮きの下のベビーホタテ達も目を回しているに違いない。私がホタテだったら酔って吐いてる(笑)
昨日の午前中だけが奇跡的に波がおさまって最後のホタテができて、本当にラッキーだった。
昨日の不吉な夢も正夢になりかねなかったぞ(-_-;)

今日から家の横の作業場で昆布の予定だったのだが、それすら中止になった。近所のデメンのおばちゃんたちすら家から出られないし、昆布がしけってしまうから。
ホタテの作業場は海岸線を30分走った海辺まで出向く(ていうか海岸線の道一本しか道はない)のだが、昆布は家の隣と前の浜が作業場なのだ。

ものすごい音が気になる。でも窓を開けるのも怖い。
「ちょっとだけ!」と、扉を少し開けて家の前の海を見た。
波ゴーゴーの写真を撮ろうと、外に出て扉に張り付いて写真を撮り、すぐ引っ込んだのだが、いつの間にか親方が様子を見に来ていた。
「なんか下から風がきたからよ。どした?」
この家は高床になっていて、普段私が使っているのは一番下の階の扉なのだが、少し扉を開けても上にわかったらしい。
ご心配おかけして(^^;)
その割にいい写真撮れなかったし。

普段は「これ意味あんの?」と思うような、海岸の波消しブロックから、砕けた真っ白い波がその先の番屋にぶつかっている。
そういえば、ホタテの作業場からここまでの途中、道の海側(山側は断崖)に、風よけか波よけの金属製のフェンスがずっと続いている場所がある。それが2、30メートルに渡って壊れ、曲がった骨組みだけになっていた。
「事故か何かあったんですか?」ときいたら、
「ううん、波だよ。」と言われた。
「正月じゃなかったかな。この辺はね、波ったらすごいのさ。」

波もすごいが、R臼の大風は、知る人の間では有名なのだ。
知床連山から吹きおろす風が、車の扉も開かないくらいに吹き付ける。屋根が飛んだりもする。

私が自転車でこの町に来て、海岸から4キロほど横断道路を登った野営場にキャンプしていた時のこと。
すでに何泊かが過ぎていて、周りの他のキャンパー達とも仲良くなっていた。
ちょっと離れた場所に、キャンピングカーで来た大学教授、元大型帆船乗組員の旅好きおじさん、会社社長ただし倒産して現実逃避中のおじさん、という、「ちょいワル!?おやじ3人組」(平均年齢還暦)という人々がいて、けっこう仲良しになった。
中でも帆船おじさんは毎年ここに来ているようで、色々詳しい。

その日は昼過ぎから天気がぐんぐん悪くなり、風や雨がはらはらと始まった。
自転車を木に縛り付け、テントのペグを打ち直して備えていたら、おじさんが来て、
「風が強くなってきたでしょ?これが『R臼おろし』だよ。」と言っていった。

その晩。それはやって来た。
まずはひたすら雨雨雨。まとめて降りまくり、テントの下が池になった。
水こそ入ってこないが、銀マットを押すとタプンタプンと波打つウォーターベッド状態だ(-_-;)
なんとなく心細くなりながらいると、急に風が強くなってきた。
すぐ、それは「強風」から「突風」に変わった。
キャンプ場を囲む山や谷間の遠くから、スゴ味のあるゴゴゴゴゴゴ…という低い音が響いてきて、木々がものすごい音で揺れている、と思ったら、信じられないような突風がテントにぶち当たった。
小さな一人用のドーム型テントがぺたんこにたわんだ。中でびっくり仰天した私は、とりあえずテントが潰れないように、慌てて中から押さえた。
風は数十秒の間猛烈に吹き、呼吸をするようにふっと止む。それからまた、遠くから恐怖の重低音と共にぶつかってくるのだ。
全力をかけてテントを押さえるのに、たまに風に押されて転がってしまう。途中、風の隙をついて、大急ぎでテントの向きを変えて風の当たりを軽くさせてみた。それでもやっぱり、風との闘いが続いた。ひっくり返ればその隙にどこかがバリバリっと音をたてる。
本気で怖かった。日本にいて、風をこんなに恐ろしいと思うことがあるなんて、思いもよらなかった。

長すぎる夜が明けた翌朝、テントを開けて静まり返ったキャンプ場を眺め渡すと、近くのファミリーテントはみんな潰れて消え去り、ライダー達の簡易テントは破れてポールが突き出したり、中の人たちがトイレなどに避難している間に、山の中に飛んでいってしまったりしていた。
私のテントのポールも折れていた。

ものすごく衝撃的な出来事だったのだ。
そして、それで私は、知床(とくにR臼)に惚れ込んだ(笑)

そんなことを思い出す、今日の天気だった。

山の紅葉みんな飛んでいったって(;_;)ていうか青い葉っぱもちぎれまくりの飛びまくりだったぞ。
by ushimaton | 2006-09-28 20:04 | ほたてにっき

ふぁいなるな日

f0032403_20174293.jpg

海岸ぶちにおばさんと立っていたら、親方が軽トラでびゅ~んと走ってきて停まった。
「時化やまないねぇ、お父さん。」
「ダメだ。これは当分収まらねえ。しばらくは仕事なんねえぞ。」
渋い顔でそう言いながら、窓に腕をたらしている。
「…んだから、今からまとんさんば町まで送ってくわ。あと1日だから、俺らでもなんとかなる。」
ええっっ!?!?(@_@)いきなり終了!?
あわあわあわ、まさかそんな話になるなんて予想もしていなかったから、まだ何も帰る準備してない!

…と慌てふためいたところで目が覚めた(@_@)
夢でした(^_^;)

そんな夢から覚めた現実は…おおっ、波が収まってる!
全道的に波の予報が今ひとつな本日だったが、ここは何とかできそうだ。

一年で一番忙しく、気持ちの負担にもなっているこの作業が終わるということで、みんな余程ほっとするようだ。仕事しながらもいつもより大きな声で話をしたりしているように感じる。
ひと月前に一番ちいさな網目の篭に入れたチビチビホタテ達が、早くも保育所卒業でもっと大きな目の篭に入学だ。
もっと大きくなったら、また篭を変える。その繰り返しで大きく育てる。

風が出て、波もまた高くなってきた。あと少し(>_<)みんな慌て出す。
篭からガンガン出して(出すときに棒で篭の枠をガンガン叩くのだ)、ジャカジャカふるいにかけて、新しい篭に入れて、船に積んで沖に持っていって。
保育所だった篭を機械にかけて洗って…最後だなあ。
使わなかった篭(畳んで縛ってあり、「ざぶとん」と呼ばれている)を積み直して…いよいよだなあ。
がらんどうになった倉庫を掃き掃除して…だんだん寂しくなってくるなあ(^^;)

で、本日無事に終了いたしました!
\(^o^)/ばんじゃーい!ホタテ最後までやれたぞう!
見ると海はまたウサギがぴょんぴょん跳ね出していた。やれやれ、間に合った。

ほっとした一方、やっぱり寂しくもあり。
あと何日か、昆布の作業は残っているが、ひとまずみんな、一区切りの様子だ。
「ついに終わりだね、オネッチャン。」などとみんなに言われつつ、私も「お世話になりました。」と皆さんにお礼。

家に戻って、いつものように夕食で呼ばれて行くと、今日は焼きサンマなどのほか、洗面器に無造作にゴロゴロと茹でた毛ガニが山盛りになっていた。
もらいもの。
んもうR臼ったらステキ(笑)

「カニは食うのが手間でなあ。」と手を出さない人々もいて、むしろサンマが人気だった(^^;)
子供らが「パパ、カニやって!」とカニを持って走り回っている。
「パパ!ミソ食べたい!」「僕も、ミソミソ!」
ここのチビスケどもは、カニミソが好き。エビも頭のミソが好き。イカのゴロも好き。
私は大人になるまで食べなかったぞ(*_*)
が、ここならチビスケたちのミソ好きもわかる。とれとれの新鮮なものしか食べていないから、臭みがなくてうまいのだ。イカのゴロ焼きとかマジ最高ッスよ。
そんな訳で、今日は私もいつも食べないカニミソまでしっかり食べて、丸一匹制覇♪身がよく詰まっていて、とってもおいしかった。
腹パンパンだー(+_+)

こんな生活すればするほど、この後の人生逆に不幸になってそう。
特にホタテ、「違う、こんなんじゃない。」とか思うようになってたりして(^-^;)

なんて、舌のいい加減さには自信があり、すぐさまホドホドの鮮度で十二分に満足するようになるに違いないとは思うけどね(笑)
by ushimaton | 2006-09-27 20:17 | ほたてにっき


気が小さいのに、珍しいものは好き。 道草を喰って、たまに反芻したり。 牛歩ではありますが。


by ushimaton

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

☆★うしまとん★☆

 生まれと育ちは北海道

 震災被災地にお手伝い
 行っております

 コメントの返事が
 とどこおりがちですが、
 嬉しくありがたく
 読ませていただいています

 自分のブログの更新する余力がなかなかなくなってしまいましたが、日々の報告メールをこちらに出しております。
災害移動支援ボランティアRera


 
☆★リンク★☆

うしのつむじ
 牛の版画
ひまわりの家から
 手作り&子育て(休止中)
シーラチャーからこんにちは
 タイ子育て日記(移動前)
モロッコ雑貨 リヤド
 モロッコ雑貨とフェアトレード
うさぎのなみだ
 珠玉のひとこと日記
寺田本家
 千葉のおいしい造り酒屋
++明け烏++
 創作小説&日記
彷徨う語り鬼たちの杜
 創作小説
カナダ大平原のファームからの便り
 カナダの牧場
Cowbell's diary
 北海道の放牧酪農
照長土井の長岡日記
 但馬牛
北海道発 真っ赤なトマト
 激うまフルーツトマト
酪農生活100
 新サイトもあります
花のまわりをあるく歌
 手作り&子育て
打弦人生
 ハンマーダルシマー
フィールド オブ ドリームス
 関東の放牧酪農
Nayaカレンダー
 珈琲・カレー・天然酵母パン
うしカメラ
 牛写真家の牧場訪問記


◆笑いでウルオイを◆

ほぼ日刊イトイ新聞「言いまつがい」
虚構新聞

お気に入りブログ

代官山駅前日記
空を見上げて
バイオマスおやじの日々
ちょっとだけ大根
AZUのサンへーブログ。...
そらまめ~北海道便り~
世界は知らない事ばかり
なかじまや

以前の記事

2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
more...

検索

ライフログ


ナヌークの贈りもの


ともだちは海のにおい


いのちの食べかた


神さまってなに? (14歳の世渡り術)


ムーミン谷の冬 (講談社文庫 や 16-5)


どうぶつさいばん ライオンのしごと


ことりをすきになった山


ぐるんぱのようちえん(こどものとも絵本)


HARD TO FIND Vol.2


あなたが世界を変える日―12歳の少女が環境サミットで語った伝説のスピーチ

カテゴリ

つらつら
気になること
おすすめ!
ともだち&チビッコ
自分のこと
うち
ウシ話
旅のそら
まきばにっき
ほたてにっき
はたけにっき
みなみにっき
東日本大震災

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧