さいしょのすーちゃん

かなり前に半端に下書きしたまま、ずっと眠っていた記事ですが。


前の2作も記事に書いたからには、最後の1作も書いておきたい気分。
最後と言うか、最初なんだけどね(笑)

最新作からさかのぼって、結局初回作品に到達した。
すーちゃん』。
最初に読んだ3作目(笑)と、次に読んだ2作目の記事は、こちら。


f0032403_20481814.jpg


1冊で1年くらいの時間がなんとなく過ぎているような進み方の3冊。
一冊目のすーちゃんは34歳で、調理師免許を持っていて、鹿児島から上京してきてカフェの社員をやっている。


いやあ…裏切られた。
おっそろしく、いい方向に、裏切られたぞ、この本に。
シリーズの中で一番染みたかも。

もし、前の(いや、後の?)2作を読んでいなかったら、絶対この本を手に取ることはなかっただろうと思う。
それくらい、文庫の裏の紹介文は私にまったく響いてこなかった(爆)

『30代独身のすーちゃんは、職場のカフェでマネージャーに淡い恋心を抱く。そして目下、最大の関心事は自分探し。今の自分を変えたいと思っているのだが……。』

ウーム(-"-;)

私がどうにも好きじゃない言葉、それが「自分探し」というやつ。

自分探しってなんやねん?
自分は自分やん??

おそらく、かつて一人でふらっと海外を歩いたときなんかに、「自分探しの旅」みたいに言われたりしたのがとっても嫌で、その時の過剰反応がなんとなくズルズル引きずられて今に至っているのかも。
「自分探しの旅」、ギャーほんとにこういう自分酔いしたモラトリアム的な言葉、苦手なんですの。
なんだろう、結果的に自分を掘り下げるような旅をしたんだとしても、はじめから「ボクは、ボクを探しに行く…。」とかつぶやいてリュックサック背負って森にたたずんでいる的なイメージ、ダメっす(笑)

紹介文には続いて、

『ナチュラルライフに憧れてお米を玄米に変えたり、恋愛攻略本をつい買ったり、老人ホームの広告を見て「高い」とため息をついたり。共感度120%の、じわーんと元気が出る四コマ漫画。』

とある。

いや、あんまり攻略本とか広告にため息とか、共感度120%じゃないし。

っていうか、この本、四コマ漫画じゃないんですけど!!(爆)

一体どういう人がこの文庫本の裏ってやつを書くのだろう?笑
ともかく、この本を誤解して読まないところだったのを、そんなわけで読むことができて、良かった~。と思った。

紹介文は共感度120%ではなかったが、本の中身は、本当にじわーんと共感してせつなくなる。
上京独身女子の恋バナの共感度かって?
いやいやいや。この本をなめてもらっちゃ困る。
すーちゃんが考えているのは、「自分探し」じゃない。
「もっといい人になりたい」と思う自分を、自分探しという言葉に当てはめてみながらの問いかけ。

f0032403_21501174.jpg自分が大好きな人も、世の中には確かにいるけれど。

だいたいの、普通の感覚を持っている人なら、多かれ少なかれ感じることはあるんじゃないだろうか。

こんな自分が、イヤなんだ。
他人のことを悪く思ってしまう自分。
もっと、ほんの少しでもいいから、いい人になりたい。
いつも穏やかで、裏表なくてみんなに優しくて。
妬んだり、計算したり、人を押しのけたりすることは、いけないことだと知っているから。
だから、知っているのにそう思ってしまう自分が、イヤなんだ。
だから、そう思うたびに、諸刃の刃に自分自身が血を流してしまうんだ。

そういう感触。
わからないだろうか?
私はすごくわかる。
それが、「自分探し」ということなのかな?
そこがすーちゃんの疑問符。


f0032403_223314.jpg『すーちゃん』には毎回、すーちゃんの他にも登場人物がいる。
彼女の周りにいる、30代の始めから終わりまでの、様々な立場の女の子たち。
立場はいろいろ。

彼氏と早く結婚して仕事を辞めたい子。
不倫中の子。
長年彼氏がいない自分の「体がもったいない」と思う子。
お見合いで結婚して仕事を辞めた子。

それぞれの立場で、それぞれの女の子たちは、それぞれなりに一生懸命生きている。
不用意に傷つけるものたちから身を守るためにスレてしまった自分を、ちょっと嫌いになったりしながらも。


同じ益田ミリさんの『週末、森で』という本も、ちょっと似たような感じでおもしろかった。



とりあえずこの1作目が一番ぐっときた。
外で読んだんだけど一人で泣いちまったぜよ(笑)

将来、この本を読んで、登場する彼女たちに知ったような顔で批判を浴びせるような年の取り方をしていたなら、自分が最悪な年の取り方したってことだなー(笑)
by ushimaton | 2011-01-17 23:10 | おすすめ!


気が小さいのに、珍しいものは好き。 道草を喰って、たまに反芻したり。 牛歩ではありますが。


by ushimaton

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

☆★うしまとん★☆

 生まれと育ちは北海道

 震災被災地にお手伝い
 行っております

 コメントの返事が
 とどこおりがちですが、
 嬉しくありがたく
 読ませていただいています

 自分のブログの更新する余力がなかなかなくなってしまいましたが、日々の報告メールをこちらに出しております。
災害移動支援ボランティアRera


 
☆★リンク★☆

うしのつむじ
 牛の版画
ひまわりの家から
 手作り&子育て(休止中)
シーラチャーからこんにちは
 タイ子育て日記(移動前)
モロッコ雑貨 リヤド
 モロッコ雑貨とフェアトレード
うさぎのなみだ
 珠玉のひとこと日記
寺田本家
 千葉のおいしい造り酒屋
++明け烏++
 創作小説&日記
彷徨う語り鬼たちの杜
 創作小説
カナダ大平原のファームからの便り
 カナダの牧場
Cowbell's diary
 北海道の放牧酪農
照長土井の長岡日記
 但馬牛
北海道発 真っ赤なトマト
 激うまフルーツトマト
酪農生活100
 新サイトもあります
花のまわりをあるく歌
 手作り&子育て
打弦人生
 ハンマーダルシマー
フィールド オブ ドリームス
 関東の放牧酪農
Nayaカレンダー
 珈琲・カレー・天然酵母パン
うしカメラ
 牛写真家の牧場訪問記


◆笑いでウルオイを◆

ほぼ日刊イトイ新聞「言いまつがい」
虚構新聞

お気に入りブログ

代官山駅前日記
空を見上げて
バイオマスおやじの日々
ちょっとだけ大根
AZUのサンへーブログ。...
そらまめ~北海道便り~
世界は知らない事ばかり
なかじまや

以前の記事

2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
more...

検索

ライフログ


ナヌークの贈りもの


ともだちは海のにおい


いのちの食べかた


神さまってなに? (14歳の世渡り術)


ムーミン谷の冬 (講談社文庫 や 16-5)


どうぶつさいばん ライオンのしごと


ことりをすきになった山


ぐるんぱのようちえん(こどものとも絵本)


HARD TO FIND Vol.2


あなたが世界を変える日―12歳の少女が環境サミットで語った伝説のスピーチ

カテゴリ

つらつら
気になること
おすすめ!
ともだち&チビッコ
自分のこと
うち
ウシ話
旅のそら
まきばにっき
ほたてにっき
はたけにっき
みなみにっき
東日本大震災

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧