霜降り肉禁止法案可決

前も書いたことがあったが、札幌市の図書館は、とっても便利なことになっている。

札幌市内にある10の図書館、各区民センター内の図書コーナー、市内20箇所以上の地区センター図書室、その全ての本を、その中で自分に一番都合の良い窓口から借りることが出来るのだ。
全ての蔵書はインターネットで検索することが出来、予約も…自宅で出来るらしいが(^^;)、私は近くの地区センターの図書コーナー窓口に借りたい本のリストを渡し、その場で予約や取り寄せの手続きをしてもらっている。
さすが、札幌市内40箇所もの蔵書となっては、かなり新しいものやマニアックなものまで、探せば大抵見つかるのだ。

図書館どころか、本を売ってすらいなかった離島暮らしから考えると、夢のよう。
同じ日本でも、受けられるサービスというのはずいぶん違うもんだ。

それで、本の予約に図書室に行ったのだが、ついでに久しぶりにぶらぶら歩いて見て回った。

読みかけの本なら色々ある。
しかし、どれもこれも前巻を読んでから時間が経ちすぎて、続きを借りようにも中身を憶えていないのだ(-_-;)
『ハリーポッター』も、『ドリームバスター』も、『竜馬が行く』も。
おそらく2年以上前にこの辺まで読んだ、と思われる、宮部みゆきの『ドリームバスター3』があったので、読み返してみた。
…たしかに、読んだことがある手ごたえはあったが、パラパラくらいでは全く思い出せないので、とりあえずはそっと棚に戻す(-_-;)←借りて読み直すにしては4巻がなかったので微妙だった。

そうやってぷらぷら見ていて、なんとなく手に取った本が面白そうだったので、予約した本が届くまでと思い、借りてみた。

いやーーーーーーーーーーーーーーー、面白かったっす。

f0032403_124355.jpg
『マーブル騒動記』 井上剛

知ってた?この本。
背表紙に牛のシルエットが載っていたので、なんとなーく手に取っただけだったんだけどね。

第3回日本SF新人賞受賞作だそうだ。


ある時突然、日本中の牛が次々に知能を獲得する。
そのうち、代表の牛が日本政府に向かって、人権ならぬ「牛権」の主張を始めるのだ。

「我々を食べるな。」

もちろん、日本中が大騒ぎになる。

人語を解し、明らかな知能を持った家畜。
それを知ってにわかに騒ぎ出すは、動物愛護団体。
「知能ある生き物を殺して食べるなんて残酷なり!」
欧米各国は、日本政府に対して国産牛を食べることをやめるよう進言し、代わりに自国の牛肉を売りつけようとする。
国際ヒンズー教連盟は、全ての知能牛受け入れの意思を表明する(笑)

《濃厚飼料か。粗飼料の方が望ましいのだが。》
牛は、与えられる食べ物にも口を出す。
私利私欲が目下の最重要項目である人間に対して、知能を得た牛というのは、牛という大きなカタマリとしての利益のみを冷静で理知的な脳を使って追求する。
《そもそも、君たち人間の愛情は、往々にして一方通行であり、善意の押し付けであるように思われる。》
牛は時折、その横長な瞳に写る人間像に厳しい突っ込みの言葉を告げる。


結局どうなっちゃうのか気になって気になって、私にしては相当なスピードで読み終わってしまったよ(笑)
もちろんその辺のことはここでは書かないけど。



自分も牛関係の仕事となんだかんだ関わってきたっていうのもあるかどうか。
そうじゃなくても、人間、なんとなくどこかで引っかかって気になってしまうものでしょう。
「わたしたちは他の生き物の命をいただいて生きてるのね。感謝して生きましょう。」
ありきたりな言葉だけど、今日もどこかで誰かが口に出している。
そこに罪の意識を感じるべきなのだろうか?とか、でも仕方がないことでしょう、とか。
クジラを食べるのはかわいそうなの?とか、じゃあ牛や豚はかわいそうじゃないの?とか。

なんとなーく、そういうモヤモヤ感をどっかにくすぶらせて生きてるのが、現代人で文明人である私達なので。
だから、こんなどことなく皮肉なストーリーに、思わずごくりと唾を飲み込んだりして。


面白かったっす。
本を読みながらいつの間にか、本当に牛と会話しているような気分になったりして(笑)
設定自体がSFであるし、実際に牛を飼っている人が読んだらちょっとは突っ込みを入れたい描写もあるのかもしれないが、とてもよく調べているし、設定に入り込めると思った。
軽い感じでどんどん読める。

こんなはちゃめちゃストーリーなんだけどね、ホロリときちゃったよ(T_T)

興味がわいたら本屋(か図書館)へゴー!(笑)
by ushimaton | 2010-01-15 02:18 | おすすめ!


気が小さいのに、珍しいものは好き。 道草を喰って、たまに反芻したり。 牛歩ではありますが。


by ushimaton

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

☆★うしまとん★☆

 生まれと育ちは北海道

 震災被災地にお手伝い
 行っております

 コメントの返事が
 とどこおりがちですが、
 嬉しくありがたく
 読ませていただいています

 自分のブログの更新する余力がなかなかなくなってしまいましたが、日々の報告メールをこちらに出しております。
災害移動支援ボランティアRera


 
☆★リンク★☆

うしのつむじ
 牛の版画
ひまわりの家から
 手作り&子育て(休止中)
シーラチャーからこんにちは
 タイ子育て日記(移動前)
モロッコ雑貨 リヤド
 モロッコ雑貨とフェアトレード
うさぎのなみだ
 珠玉のひとこと日記
寺田本家
 千葉のおいしい造り酒屋
++明け烏++
 創作小説&日記
彷徨う語り鬼たちの杜
 創作小説
カナダ大平原のファームからの便り
 カナダの牧場
Cowbell's diary
 北海道の放牧酪農
照長土井の長岡日記
 但馬牛
北海道発 真っ赤なトマト
 激うまフルーツトマト
酪農生活100
 新サイトもあります
花のまわりをあるく歌
 手作り&子育て
打弦人生
 ハンマーダルシマー
フィールド オブ ドリームス
 関東の放牧酪農
Nayaカレンダー
 珈琲・カレー・天然酵母パン
うしカメラ
 牛写真家の牧場訪問記


◆笑いでウルオイを◆

ほぼ日刊イトイ新聞「言いまつがい」
虚構新聞

お気に入りブログ

代官山駅前日記
空を見上げて
バイオマスおやじの日々
ちょっとだけ大根
AZUのサンへーブログ。...
そらまめ~北海道便り~
世界は知らない事ばかり
なかじまや

以前の記事

2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
more...

検索

ライフログ


ナヌークの贈りもの


ともだちは海のにおい


いのちの食べかた


神さまってなに? (14歳の世渡り術)


ムーミン谷の冬 (講談社文庫 や 16-5)


どうぶつさいばん ライオンのしごと


ことりをすきになった山


ぐるんぱのようちえん(こどものとも絵本)


HARD TO FIND Vol.2


あなたが世界を変える日―12歳の少女が環境サミットで語った伝説のスピーチ

カテゴリ

つらつら
気になること
おすすめ!
ともだち&チビッコ
自分のこと
うち
ウシ話
旅のそら
まきばにっき
ほたてにっき
はたけにっき
みなみにっき
東日本大震災

タグ

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧